青年海外協力隊でアフリカのマラウイに派遣中の川﨑です!
理科教育隊員をしています。

教育隊員は少ないため、日本とアフリカの教育の違いをもっと知ってもらいたいなという思い、
こちらで寄稿させていただくことになり、とてもうれしいです。

With students

今は中等教育の学校で教育隊員として活動しており、こちらにきてから1年と4ヵ月が過ぎました。

毎日学校を中心に活動しているため、生徒との関係の中でトラブルもありますが、
同時に感動的な出来事もあり毎日が充実しています。

マラウイに来る前は何をしていたの??

マラウイに来るまでは、大学を卒業して看護師や塾講師をしていました。
もう30代後半ですが、よく「そんな年に見えないね!」と言われます。

恥ずかしながら、自分でもそう思っています!!

頭の中が若いのでしょう。

自分の最後の人生の転機かもしれないと思い、協力隊に応募して現在マラウイで理科教育隊員として活動をしています。

人生一回きり!うじうじ悩んでばかりいるより、具体的な行動をとらなきゃと思い、
将来、国際協力の分野で働こうという決心がついたのでアフリカへ向かいました。

その時のことをもう少し詳しくお伝えしたいと思います。

あまり、文章を書くのが上手ではないため、巧みに人の心をつかむことはできませんが
私なりに工夫した内容で書いていきたいと思います。

数少ない教育系の隊員として、もっと子供に未来あることを希望もたせて学ばせてあげたいと思っています。
訓練所では基礎学力がなかったため、いろいろと苦労しました。

Watachi

帰国後も、もっとマラウイとつながっていたい

はじめは帰りたくてしょうがなかったマラウイですが、最近は慣れてきたこともあって
それなりに楽しく生活をすることができるようになってきました。

帰国後はマラウイともっと繋がれる何かをしたいなと思っています。

class 2

現在の活動

学校で先生をしています。

私は化学と物理を教えていますが、生徒には私と出会い、
私が教えた知識をステップにして、何か将来の役に立てられるようになればと思い、日々そんな思いで教壇に立っています。

class 1

とはいえ、それは意外と簡単な問題ではないため、ちょっと工夫しながら、
教えていかないといけませんが、生徒も私を待っていてくれるのがわかるので、戸惑ったり憤りを感じることもありますが、

それ以上に喜びを感じる瞬間もたくさんあります。

個人ブログでは、アフリカに来たことがない人にも読んでもらえるように、
自分の気づいたことを情報として発信したいと思っています。

The following two tabs change content below.
Yukiko Kawasaki

Yukiko Kawasaki

2015年10月~マラウイに海外青年協力隊、理科教育隊員として派遣されています。マラウイに来るまでは塾講師をしていました。途上国で教育を通じて自分の成長もしたいと思っています。