ルワンダ青年海外協力隊の竹田憲弘(@NoReHero)です。

首都キガリにある、IT起業家向けのオープンスペース「kLab」に行ってきました。

kLabとはなにか、kLabから輩出された企業、kLabスタッフの想いなどをご紹介します!

kLabとは?

kLabはルワンダの首都キガリにある、IT起業家向けのオープンスペースです。

起業家たちのコラボレーション&イノベーションを促進することが目的。

実際にどんなところか気になったので潜入してきました!

kLabアクセス・内部の写真

kLabがあるのはキガリのKacyiru(カチール)。ルワンダの政府機関や日本大使館、JICAなどがあり、キガリでももっとも洗練されたエリアです。

おなじ建物にはカーネギー・メロン大学などが。kLabは6階です。

エントランス。kLabはRDBやJICAの支援によって設立されました。

内部では、私の任地ではなかなか見かけないお洒落な若者たちがラップトップを真剣に見つめて作業しています。

平日の午前中でしたが、中の席はほぼ満席。外のテラスにも作業できるスペースが。

テラスにはこんなゲームも。なんかスタートアップっぽい!

テラスからの眺め。晴れてたら気分転換にぴったりですね。

コーヒーや軽食(ピザ、マフィンなど)も。この2品で2,300RWF=300円弱。

IMG_0813

壁に掲げてある格言。

訳したら「1台のマシーンは並の人間50人分の仕事ができるが、ひとりの偉大な人間に敵うマシーンはない」ってところでしょうか。

この「並外れた人間」をひとりでも多く輩出する、というのがkLabの理念なんですね。

kLab出身のスタートアップ

これまでにkLabからは以下のようなスタートアップが輩出されています。

SafeMotos

Uberのバイク(モト)版。

ルワンダではそこらじゅうにモトがいるので、使ったことのある人の話では「その辺のモトを捕まえた方がはやい」んだとか。
SafeMotos – Download it, yeah?

Academic Bridge

ICT教育系のスタートアップ。生徒・教師・保護者向けのデータ集約・処理・管理・共有などができるプラットフォームを提供。

AC Group

キガリのバスで使えるSuicaのような「Tap & Go Card」サービスを提供。

ルワンダのお金はかさばるので、あらゆる産業でキャッシュレス化が進むと在住者としては大助かりです。
Acgroup | Defining Smart Transport

kLabの価値

この場所でもっとも価値があるのは「人との出会い」ではないでしょうか。

「ITでイノベーションを起こす」という同じような志をもつ若者がここで出会い、コラボレーションしていくこともできますし、メンターからアドバイスを受けることも可能です。

月に一回程度、講演会やディスカッション・フォーラムなどのイベントも開催されています。

祝日を除いて週7日・24時間オープン、Wi-Fi&電源完備と素晴らしい環境の整いよう(私が行った日はWi-Fi繋がりませんでしたが…)。

マネジャーのお話

ITインフラのマネジャーにお話を伺ってみました。

竹田「kLabとしてのいちばんの課題はなんですか?」

マネジャー「いまの課題はファンドだね。以前はJICAが、いまはドイツの企業がサポートしてくれているよ。これから自前で運営資金を確保できるようなサステイナブルな仕組みを作っていくのが課題なんだ。」

竹田「たしかに起業家を育成するこの取組みは素晴らしいけど、資金を確保するのは簡単ではないですよね。」

マネジャー「そうなんだ。だからJICAをはじめ、支援してくれた団体にはとても感謝しているし、ルワンダ人に限らずあらゆる国の人たちがコラボレートできる空間にしたいと思っているよ。どこかの国の大統領のように外国人を締め出すんじゃなくてね(笑)だからまたいつでも来てくれよ!」

ルワンダ人エリートに話を聞くコツ

このマネジャーは心よく話を聴いてくれましたが、ほかのマネジャーや作業中の起業家さんからは「こいつと話しても仕方ない」的な雰囲気を感じました。

以前ここに来たという投資家さんは「ガンガン話しかけられた」と言ってたので、村ではアイドル的存在である私もボランティアという身の程を思い知った次第でございます。

「『Africa Quest. com』っていうメディアのライターもやってるよ!」と言ったらちょっとは興味もらえたんですが、サイトを見てもらったら「日本語かよ」って微妙な雰囲気になりました(そりゃそうだ)。

ルワンダの農村で暮らしている私は「ルワンダ人はちょっとシャイだけどみんな穏やかでフレンドリーだなあ」なんて思ってたんですが、エリート層のルワンダ人は権威主義的なところがあります。

なので、そういった方々と関係をつくりたい方は、相応の立場の人から紹介してもらうとか、「いかにもすごいヤツ」感を出して行くとかするといいかもしれません。

とはいえ、居心地はなかなか良かったしマネジャーからもまた来てくれと言われたので、また行ってみようと思います。

そんなkLabのサイトはこちら。
kLab | Open Space for IT Entrepreneurs

ルワンダのスタートアップに興味のある方はぜひ行ってみてください。

竹田憲弘(@NoReHero

The following two tabs change content below.
Norihiro Takeda

Norihiro Takeda

コミュニティ開発(Community Development Officer)青年海外協力隊(Japan Overseas Cooperation Volunteers)
2016年1月から2年間、青年海外協力隊としてルワンダで活動します。 前職は菓子メーカー営業。水問題を中心に、地域の人々の生活改善をお手伝い。 これからルワンダに来る方々の役に立つ、現地リポーターならではの生の情報をお届けします!