アーチアフリカはマラウイを拠点に活動しています。沢山の人が関われる組織を目指し、団体を作りました。ここでは私たちの活動を4回に渡り、お伝えしています。1回目は「広がり続けるマラウイとのネットワーク!〜新設団体アーチアフリカの活動報告〜」として団体の紹介をしました。今回は2回目で洋服の支援について書きます。

洋服を送ろうと思った背景!

image09

マラウイからの帰りの飛行機で何かできないかを考えていました。年末の断捨離シーズンで、洋服を捨てる人が多いんじゃないかと思い、呼びかけを行いました。なので、必ずしも洋服でなくてはいけない訳ではありませんが、日本で余っていてマラウイで必要として人がいる事が日本とマラウイの人を繋げるチャンスだと思いました。

すごい量の洋服を送って頂きました!

洋服を送って頂いたのは結果的にとてもよかったと思っています。最初に募集した時は100着くらいで十分かなと思っていましたが、結果的に23名の方から686着が届きました。これをきっかけにマラウイを知って頂ける方がいる事が活動の意味だと思います。

しかし、送って頂いた方にはあまり途中経過の報告ができていないので改善しなければいけません。この場をお借りして改めてお礼を申し上げます。送って頂いた皆様ありがとうございました!

image05
▲実際に呼びかけて集まった洋服です。


▲全体が686着の洋服で埋まりました。

どれだけ沢山の人に関わって貰えるか

image08

私たちは、前回の記事で触れたように、マラウイでは、沢山の人の力が必要で、その為には、沢山の人に関わって貰う必要があると考えています。「沢山の人」とはこれまで活動をした事のある人もない人も含めます。

人目に触れるクラウドファンティングを活用し送料を公募します!

image07

マラウイに洋服を送る資金をあえて一般公募する形を取ります。一般公募の中では、より適切な方法だと思ったクラウドファンティングで送料を募集し、個人個人がマラウイと関わる機会を作ります。集めた資金は洋服の送料とお返しのみに使用します。近日中に公開予定で、現在準備を進めています!公開ができ次第報告致しますのでご覧頂けると幸いです。宜しくお願い致します!

The following two tabs change content below.
Yosuke Kuni
マラウイで活動を行っている国です。学生・社会人を含め12年間建築に携わりました。マラウイでは学校建設や洋服支援などをしています。マラウイに携わる事の楽しさを広めたいと思いアーチアフリカという団体を作りました。宜しくお願い致します!!