17499890_10155550091841111_1747221583_o

DMMグループは、東アフリカのルワンダ共和国においてソフトウェア開発・運営を行う HeHe Labsを完全子会社化し、新たにDMM.HeHeが誕生しました。加えて、公共交通機関向けの電子マネー事業を行うAC Groupに出資しました。DMM.Africaより役員を送り込むなど経営に積極的に関与することで、急拡大するルワンダのICT分野での事業拡大を目指します。

アフリカの奇跡!IT立国として成長を続けるルワンダ!

image2

アフリカの東部に位置するルワンダ共和国は、四国の約1.5倍の大きさの内陸国で,約1,210万人が暮らしています。ルワンダは1994年に国内でジェノサイドと呼ばれる紛争を経験しながらも、その後1999年には紛争前の水準まで経済状態を回復させ、治安回復・教育水準向上のスピードの速さから「アフリカの奇跡」と呼ばれています。

2000年頃からルワンダ政府は、成長戦略においてICT産業の発展を国家政策として掲げています。また世界銀行の報告書「Doing Business 2017(ビジネス環境 2017)」において、ルワンダはアフリカで2番目にビジネスがしやすい国として高く評価されています。

アフリカ発のスタートアップ、”HeHe Labs”を子会社化!

image3

HeHe Labs(ヘヘ・ラボ)は2010年に、ルワンダで設立されたソフトウェア開発企業です。同社の主力事業であるソフトウェア開発は、ルワンダ国内だけでなくウガンダやケニアなど東アフリカ共同体にまたがって市場展開しています。2011年にICTスタートアップ企業のネットワーク「The iHills」を設立したり、100名以上の学生インターンを受け入れたりするなど、若手人材の育成やスタートアップ・コミュニティの活性化にも力を入れています。

創業者でCEOのクラリス イリバギザ(Clarisse Iribagiza)氏は、Forbes誌のアフリカで最も将来性のある30歳以下の起業家30人にも選出されるなど、ルワンダを代表する女性若手起業家として注目されています。

HehH Labsは今後、”DMM.HEHE”としてDMMのアフリカ事業の中核を担います。DMM.HeHeは優秀なエンジニアを抱え、ウガンダでバイクタクシーの配車アプリを開発するなど順調に成長してきましたが、拡大するに伴い企業運営が課題となっています。今回の買収によりDMM.Africaから役員を送り込むなど積極的に経営に関与していきます。人材雇用も加速させ、現在十数人の従業員を100人規模まで拡大させる予定です。

ルワンダ版Suicaを運営するベンチャーAC Groupに出資!

image4
AC Groupは、2014年に設立された公共交通機関向けの非接触型電子決済システムに強みを持つテクノロジー企業です。ルワンダの国家開発計画「VISION2020」で掲げるスマート・シティを目指し、ルワンダ政府と連携し、キガリ市内を走るバスに非接触型電子決済システム「Tap & Go」を導入しています。

2015年に始まった同サービスは、既にルワンダで40万人を超えるユーザーを獲得し、中央アフリカ地域に位置するカメルーン共和国にも事業展開を開始しています。今後、同サービスは交通機関向けだけでなく、小売店等の他領域への展開も視野に入れています。

DMMグループは今回、AC Groupへの出資を決定しました。政府から認可を受けた公共バスの決済システム・ソリューションを提供する唯一の企業である同社に出資することで、さらなる事業の拡大を支援します。

入社1年で役員に!DMM.Africaが目指す今後のアフリカ戦略とは!

image5
DMM.Africaは、2015年12月にアフリカなどの新興途上国において事業機会創出に立ち向かう組織として始動しました。5年間で100億円の投資を掲げ、アフリカ5カ国でビジネスコンテストを実施したり、アフリカをテーマにした起業家支援イベント”Startup Weekend”を開催したりするなど、アフリカにおける事業展開拡大の可能性を探っています。

その一環として、DMM.Africaはルワンダへの投資を実施しました。この2件の投資プロジェクトを仕切ったのは、DMM.Africaに所属するタンザニア出身のアレックス・カプング氏です。東京大学・同大学院を卒業するなど日本語も堪能で、楽天などを経てDMMに入社しました。本プロジェクトの発案から、DMM創業者である亀山会長への提案、現地企業との交渉など経て、入社たった1年で大規模プロジェクトを仕切る大役を任されました。今後、カプング氏は上記2社の役員として会社経営のかじ取りを行います。

DMM.Africaでは、この様なスタートアップ期の企業買収に留まらず、アフリカでの大型M&Aも検討されています。また買収以外にも自社でゼロから事業を作るプロジェクトも進行中です。DMM.Africaはこの様に様々なアプローチで、今後も積極的にアフリカへ投資を行っていきます。


・参照元:Doing Business 2017(世界銀行)ルワンダ基礎データ(外務省)
・Image photo credit: Justin.Raycraft Skyscrapers via photopin (license)

The following two tabs change content below.
凡
Africa Quest.com 編集長。1987年うどん県生まれ。証券会社退社後、青年海外協力隊としてケニアに赴任。在任中に雇用創出をビジョンにソーシャルベンチャーを共同創業し、約2年にわたり運営を行う。現在は、Africa Quest.comの運営や中小企業のアフリカ進出サポート、アフリカビジネスラボのモデレーターなど、アフリカをテーマに幅広く活動している。