Two brothers aged four and seven seek water in a dry riverbed near Kataboi village in remote Turkana in northern Kenya. In 40 degree heat and no access to clean water, the boys resort to digging holes in the riverbed with a tin cup to scoop up enough to drink. The lack of rain this year across the Horn of Africa has resulted in failed crops, lack of water and death of livestock. The Government of Kenya declared the drought a national disaster as 3.5 million people in the country are in need of emergency assistance.

サブサハラアフリカで深刻な飢饉が発生している。6年ぶりに「飢饉宣言」が発せられた南スーダン[1]だけでなく、エチオピア、ケニア、ナイジェリア、ソマリアも飢餓発生のリスクに晒されている。

こうした状況に対して世界銀行は、約1,600億円を投じて社会保障システム整備を行う[2]。社会保障システムがあれば、災害時の緊急対応として即座に現金給付を行うことができる。社会保障のセーフティネットとしての役割を支援し続ける世界銀行ならではのアプローチだ。

世界銀行がサブサハラアフリカで実施する社会保障案件は現状で870億円規模に上り、さらに770億円相当の新規事業を準備中と発表されている。

Povertist


[1] Ippei Tsuruga. 2017. 南スーダンで国連が飢饉を宣言、食糧不足の原因は人為的要因.
[2] World Bank. 2017. World Bank Group President Calls for Urgent Action on Hunger Crisis.

記事提供元:アフリカの飢餓対応、世界銀行が社会保障拡充を支援|The Povertist
Cover Image Photo credit: DFID – UK Department for International Development via VisualHunt / CC BY

The following two tabs change content below.
Ippei Tsuruga
The Povertistの編集長。アジアやアフリカでの開発援助業務に従事する貧困分析・社会政策のスペシャリスト。国際労働機関(ILO)児童労働撤廃プログラムインターンの後、国際協力機構(JICA)入構。アフリカ部ケニア、ソマリア、ナイジェリア国担当、研究所リサーチオフィサー、研究調整者、副調査役を経て、アメリカ事務所駐在員。現在は、ILOで開発途上国の貧困層に対する社会保障制度設計に従事している。香川大学法学士、英国サセックス大学開発学研究所貧困と開発修士。