日本政府は2019年に日本で開催される第7回アフリカ開発会議(TICAD Ⅶ)の横浜市で開催することを決定しました。具体的な開催時期については、今後、アフリカ各国等と調整していく予定です。また2017年8月24日・25日にはTICAD閣僚級会合がアフリカの南東部に位置するモザンビークで開催される予定で、岸田外務相が出席する方向で調整しています。

日本とアフリカの対話促進!国際会議”TICAD”とは!?

29614089915_5943a6b06e_z

TICADはアフリカ諸国との対話を促進し、援助と投資を促進する手段として、日本主導で1993年に始まりました。この会議は2013年まで5年ごとに開催されており、それ以降は中国との競争激化の影響もあり3年ごとに開催しています。なお中国は2000年より中国 ・アフリカ協力フォーラムを開催しており、会議は3年ごとに中国とアフリカで交互に行われています。

前回のTICAD Ⅵは初となるアフリカ開催となり、2016年8月にケニアの首都ナイロビで行われました。アフリカ53か国から首脳陣や経済閣僚、国際機関の代表だけでなく、ビジネスセクターやNGOなどの市民社会の代表を含む、約11,000名以上が参加しました。また、安倍首相の同行ミッションとして、77団体の企業や大学などの代表が参加しました。

TICAD Ⅵにおいて、安倍晋三首相は官民合わせて300億ドル(約3兆円)規模の投資を実施していくナイロビ宣言を表明しました。現在、日本政府はアフリカで日本の技術を生かした「質の高いインフラ」整備を目指し、様々な投資・支援を行っています。

第7回アフリカ開発会議の開催地が横浜市に決定!2019年に開催へ!

33237938642_6e92bbb425_z

日本政府はアフリカの開発支援について議論する第7回「アフリカ開発会議」(TICAD)を2019年に横浜市で開くと、2017年6月16日に発表しました。これまでTICADは1993年に東京で第1回が開催されて以降、東京で3回、横浜で2回開催されてきました。

また2017年8月24日・25日にはTICAD閣僚級会合がアフリカの南東部に位置するモザンビークで開催される予定である旨も発表され、岸田外相が出席を検討しています。


The following two tabs change content below.
Africa Quest.com
Africa Quest.comの編集事務局です。「アフリカに渡航する日本人を増やすこと」をビジョンに、アフリカをもっと身近にすべく、毎日旬なアフリカ情報(旅行、ビジネス、スポーツ、エンタメ)をお届けします!