US fund for unicef and lds charities visit to uganda

6月20日は世界難民の日です。ユニセフ(国連児童基金)は、毎日平均1,000人以上の子どもが安全を求めて南スーダンから逃れる中、この地域の難民危機は子どもの危機となっていると、2017年6月20日に発表しました。特にウガンダ共和国にはこの1年で75万人以上の難民が到着しており、現在アフリカ最大、世界で3番目の難民受け入れ国となっています。

毎日2000人!ウガンダの難民受け入れの実態!

2013年、東アフリカの内陸国である南スーダンで暴力が発生して以降、180万人の人々が国境を越え近隣諸国に渡りました。南スーダン南部と国境を接するウガンダでは、過去11カ月で毎日約2,000人の難民が到着しており、この1年で難民人口が50万人から125万人へと倍以上に増加しました。今では世界で最も急速に拡大する難民危機の受入国となっています。

ウガンダで2017年6月22日~23日に開催される難民のための国際連帯サミットに先だって、ユニセフはウガンダに逃れた難民の86%が女性と子どもであることを指摘しました。ウガンダは現在、アフリカで最も多くの難民を受け入れている国です。2016年半ばには世界で8番目だったのが、今日は、トルコ、パキスタンに次いで、3番目に多くの難民を受け入れている国となっています。

日本も緊急支援を実施!資金不足に苦しむウガンダ。

UGDA201700494

ウガンダ政府、ユニセフ、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)、世界食糧計画(WFP)および現地で活動する人道支援のパートナー団体は、2016年7月以降にウガンダに辿り着いた74万人以上の難民に支援を届けるべく活動しています。

しかし、この急増する難民数は、受け入れ国政府と受け入れ地域コミュニティの資源、特に子どもの健康に不可欠な社会サービスに、過剰な負担をかけています。 ウガンダ政府と国連は、今後4年間の、ウガンダの難民および難民を受け入れているコミュニティに対する緊急支援ならびに緊急事態への対応力を強化するための支援に必要な資金として、80億米ドルの資金支援を求めています。

日本政府も6月20日、ウガンダ共和国に流入した難民及び受入れコミュニティに対し,1,000万ドル(約11億円)の緊急無償資金協力を実施することを決定しました。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)、国連世界食糧計画(WFP)及び国連児童基金(UNICEF)を通じて、難民保護,食料,保健,水・衛生分野の人道支援を行うと共に,難民及び受入れコミュニティが共存するための人材育成も併せて行われます。


The following two tabs change content below.
Africa Quest.com
Africa Quest.comの編集事務局です。「アフリカに渡航する日本人を増やすこと」をビジョンに、アフリカをもっと身近にすべく、毎日旬なアフリカ情報(旅行、ビジネス、スポーツ、エンタメ)をお届けします!