dotAfrica

新しいトップレベルドメイン「.africa(ドットアフリカ)」の認定レジストラ機関である”Web4Africa”は、「.africa」のランドラッシュ登録の最終期間を2017年6月26日より開始し、7月4日より一般利用が可能になると発表しました。「.africa」はアフリカ大陸におけるトップレベルのドメインネームで、アフリカに拠点を置く企業・団体にとって重要なマーケティングツールであり、一般利用登録開始が待ち望まれていました。

新ドメイン「.africa」がついにスタート!

web4africa_2

新ドメイン「.africa」を管理している”Web4Africa”は、2002年に設立され、.com、.net、.xyz、.africaなどの人気のトップレベルドメインと.ng、.za、.ukなどの国コードドメインを世界中のクライアントに提供するICANN(The Internet Corporation for Assigned Names and Numbers)よりレジストラ認定を受けたドメイン登録業者です。南アフリカのヨハネスブルグに本拠を置くWeb4Africaは、ガーナ、ナイジェリア、南アフリカの4つのデータセンターからWebホスティング、仮想プライベートサーバー、専用サーバー、その他関連ソリューションを提供しています。

2017年3月10日、アフリカ連合(AU)がアフリカ大陸用のドメイン名「.africa(ドット・アフリカ)」の導入を発表しました。2017年4月4日よりサンライズ期間(Sunrise phase)が開始され、登録商標権者がそれぞれの名称について「.africa」の登録を行いました。「.africa」には世界的なブランドやアフリカの企業から高い関心が集まり、地理的制限なしに世界のどこからでも登録できるジェネリックトップレベルドメイン(gTLD)のサンライズ期間中の予約数としてはトップ10に入る、約1000個のドメインが登録されました。

ランドラッシュの最終期間がスタート!一般登録は7月より!

スクリーンショット 2017-06-27 11.32.00

現在はランドラッシュ期間(Landrush phase)で、2017年6月26日より最終受付が始まっていいます。ランドラッシュ期間とは、新しいトップドメインが生まれた際、一般利用登録に先駆けて行われる登録受付期間のことです。この期間では割り増し料金を払えば、プレミアムドメインネームを登録することができます。ただしランドラッシュ期間において、同じドメイン名の申請がある場合はオークションとなります。オークション期間は、最低3日間かけて行われ、最後の12時間以内に入札があると24時間オークションが延長される仕組みとなっています。

2017年7月4日から、一般利用が可能となる期間が始まります。ドメインは先着順で利用可能になり、最大10年間登録することができます。7月4日から31日までは1年間170USドルで登録でき、8月2日より24USドルで登録可能となります。詳細はこちらよりご覧ください。

こちらもオススメ関連記事!


The following two tabs change content below.
凡
Africa Quest.com編集長、IC NET TRADING AFRICA LTD CEO。証券会社を経て、青年海外協力隊としてケニアへ渡航。貧困地域に暮らす女性たちへの収入向上支援を行いながら、ケニアに雇用を生むことをビジョンにソーシャルベンチャーを共同設立。2015年9月まで約2年にわたり経営を行う。現在は、ケニアを拠点に農業・食品関連ビジネスの立ち上げ、日本企業のビジネス進出支援、Webメディア運営や講演・セミナー講師などアフリカと日本を繋ぐコーディネーターとして幅広く活動中。