20517535_670085466529625_1281385302_o

こんにちは!恋する旅ライターかおりです。フリーライターとして時々、国内外を旅しながら記事を書きつつ、ときどきライターの枠を飛び出して新たなチャレンジも試みています。

ウガンダ発のファッションブランド「RICCI EVERYDAY」との出会いをキッカケに、カラフルで独創的なアフリカン・プリントの大ファンになった私。もちろん、ブランドの看板商品である「アケロバック」も購入しました!

image2
西武池袋でのポップアップストアにて(左:かおり 右:ブランドを創業した仲本千津さん)

今日はそんな私がコワーキングスペースco-ba shibuyaとコラボレーションして、初めてプロデュース&ファシリテーターを務めた、イベントのレポートをお届けします! 題して「恋するウガンダ〜アフリカンファッションと未来を変えるものづくり〜」

RICCI EVERYDAYを創業した仲本千津さんをゲストに迎え、2017年6月8日にco-ba shibuyaにて行われたこのイベント。満員御礼の36名もの方にお越しいただきました〜!!(なかにはウガンダ出身の参加者も!)

image3

初めての主催イベントということで終始ドキドキそわそわしていた私ですが、ステキすぎる参加者のみなさまのおかげで、忘れられない最高の時間になりました♡

「RICCI EVERYDAY」ってどんなブランド?

image4

かおり:まずは千津さんとブランドの自己紹介からお願いします!

千津さん:私は1984年静岡県に生まれ、一橋大学院で「紛争後の平和構築」という分野の勉強をしていました。それから、邦銀の法人営業国際農業NGO→RICCI EVERYDAYとキャリアチェンジを重ねています。

RICCI EVERYDAYを始めたのは、2014年からウガンダの首都カンパラに駐在することになって、そこで大胆な柄のアフリカンプリントと1人のシングルマザーに出会ったからです。まともな教育を受けていないシングルマザーたちは、満足な仕事を得ることが難しい。なかには子供たちの生活を守るために、自らの体を売って日銭を稼ぐような女性もいるような状況でした。

そこで、カラフルでプレイフルなアフリカ布を使用したバッグやトラベルグッズを企画・製造・販売するファッションブランド「RICCI EVERYDAY」を日本に暮らす母と共に立ち上げることにしたんです。いろいろな紆余曲折はありましたが、2015年に日本法人、2016年に現地法人とカンパラ市に直営店舗をオープンさせることができました。

image5
アフリカンプリントのドレスがお似合いの千津さん

かおり:RICCI EVERYDAYの「アケロバック」、めちゃくちゃかわいいですよね〜〜!! このバッグを持っていると、必ず「かわいい」と褒めてもらえます。持っているだけで心がウキウキします♪

千津さん:嬉しいです!! このバッグはウガンダのシングルマザーたちが、心を込めて手づくりしているんです。立ち上げ当初は3人だけだった従業員も、今は11名まで増えました。RICCI EVERYDAYの特徴としては、以下の5点が挙げられます。

  1. 70種類以上のバリエーションのアフリカン・プリントをご用意
  2. デザインのみならず機能性も重視した製品
  3. 日本人のテイストに合った柄を独自にセレクト
  4. ウガンダに直営工房を持ち、一つ一つハンドメイドで製作
  5. ウガンダのシングルマザーの生活向上に貢献

image6

かおり:RICCI EVERYDAYはテレビや新聞、WEBメディアなど、あらゆる媒体に取り上げられファンが急増中ですが、どのように事業を拡大してきたのでしょう?

千津さん:展示会に出展したり、全国各地でポップアップストアをオープンしたり、一つ一つ実績を積み重ねていきました。2017年以降はPRにも注力するなかで、テレビ東京のドキュメンタリー番組「未来世紀ジパング ~沸騰現場の経済学~」の出演など、大きなチャンスをいただくこともできました。

「アフリカの真珠」と呼ばれるウガンダの魅力

image7
ナイル川に空が映る幻想的な風景

かおり:正直、RICCI EVERYDAYに出会うまでウガンダの印象って、とくになかったんですよね。

千津さん:ウガンダって治安が良くて緑も多いし、のどかで暮らしやすい国なんですが、インパクトには欠けるんですよね(笑)

かおり:治安がいいというのは意外でした。やっぱり「アフリカ=危険」というイメージが、どうしても浮かんでしまって……。

千津さん:周囲のケニアやタンザニアに比べると、ウガンダは身の危険が少ないと思います。スリとか最低限の犯罪対策をしておけば、楽しいウガンダライフが送れるかなって。

image8
トヨタのハイエースが並ぶバスの発着所

かおり:なんか女性の1人旅でも行けそうですね。千津さんが感じるウガンダの魅力をお聞きしたいです!

千津さん:まずは気候ですね。「初夏の軽井沢」みたいな気候が1年中ずっと続きます。気温も25〜30度ぐらい。食事も豊かでおいしいですよ。甘くないバナナをマッシュした「マトケ」とか、トウモロコシの粉をお湯で湯がいてお餅みたいにした「ポショ」とか。あ、パイナップルは世界一おいしいと思ってます(笑)。甘くてジューシー。

あとは、日常の風景はどこを切り取っても絵になる。タクシーパークとか、天井まで高く積み上げられた布屋さんとか、ナイル川の源流とか。ウガンダの人たちの人柄も好きですね。明るくてエネルギッシュでオープンマインドなところ。

次ページ>> RICCI EVERYDAYの「ものづくり」の工夫


1  2  3

The following two tabs change content below.
恋する旅ライターかおり/小林 香織
2014年ライターデビュー。約15年間の会社員生活を経て、フリーランスに転身。東京を拠点に、ときどき国内外を旅しながら、地球上にあふれている心ときめくストーリーを綴る。働き方を含めたライフスタイル、人生ストーリー、旅、恋愛、体験記など、幅広く執筆。生き方の選択肢を提供し、自由にライフスタイルを選びとれる人を増やすことがミッション。ウガンダ発のファッションブランド「RICCI EVERYDAY」との出会いを機に、アフリカンプリントに一目惚れ。