19724224_10213382554949522_2018587970_o (1)

はじめまして、ガーナ在住の佐々木裕馬(ささきゆうま)です!
横浜育ちのバリバリ日本人ですが、日本にはまる2年帰っていません。

私は現在、マネジメントとしてガーナのスタートアップで働いています。
ですが、最初は無給インターン採用でした。

しかし、がむしゃらに結果を出し、今ではコートジボワールも担当しています。

初投稿の今回は、アフリカのガーナで暮らし始めた経緯とガーナのスタートアップでマネジメント層になるまでのエピソードを中心に寄稿させていただきます。

銀行から借金!会社を辞めてフランスでMBAへ!

大学時代には3年休学してアメリカで音楽活動最初の(1年半は資金を貯めるためにバイト浸けでアメリカ滞在は1年半のみ))をしたり、2月のパリにホームレスをしに行ったり、いつの頃からか周りの意見に耳を傾けるよりも自分のやりたいことを優先するようになりました。

アメリカでの音楽活動では自分のレベルを痛感し、逆にスッキリして帰国•復学しました。それからはもっぱらアフリカで働きたいという思いから大学でフランス語を専攻し、就職先もアフリカ赴任の可能性がありそうな大手石油開発を選びました。丸の内にある本社に2年半勤務しましたが、国際的な油価下落による投資縮小の流れの中、アフリカ行きは向こう5年ないと確信。

また100年以上の歴史がある会社で年功序列や官僚主義にうんざりした反動もあって、アフリカにある外資系スタートアップで働こうと決めました。日本とアフリカをつなぐビジネスをしたいという漠然とした思いがあり、まず現場で2年間修行して文化理解、語学力、現場での判断力を鍛えようと思いました。

といっても英語もフランス語もとても仕事で使えるレベルではなかったし、大学でも文学部でビジネスの知識はゼロ。これではそもそもアフリカの外資系でスタートすら切れないと思い、銀行から借金をして会社を辞めてフランスのビジネススクールにMBAとりにいきました。

フランスのビジネススクールを選んだ3つの理由

フランスを選んだ理由は、3つありました。

1つ目はMBAがアメリカでは通常2年なのに比べ、フランスの場合は1年であること。自分は座学よりも実践で学ぶ派なので、ケーススタディなどに2年も費やすのは時間の無駄に感じられました。それよりもいち早くアフリカに行きたかった。

2つ目はアフリカではフランス語圏の国が多いこと。本腰いれてアフリカに行く前にフランス語で普通に会話できるレベルにしておきたいと思いました。

3つ目は旧宗主国であるフランスに多くのアフリカ関連の要人や企業が集積していること。ビジネススクールに通いながらアフリカ関連の人脈を広げたいと思いました。

MBA在学中は授業はほったらかしにしてアフリカで魅力的な企業をひたすら探していました。

そして西アフリカで最大の貧困層向けの外資系太陽光発電会社PEGを見つけました。まだ設立2年目でしたが、社長はオーストラリアの起業家TOP30に選ばれていて、ダボス会議やCOPにも呼ばれるような業界ではちょっとした有名人(しかも31歳!!)でした。

19866549_10213382553629489_649362902_n (1)

彼はガーナですでに3社目の起業。これだと思いました。今まで探してモノがすべてここにあると思いました。

https://www.pegafrica.com/team/

次ページ>> いざガーナへ!無給インターンから這い上がる!


1  2

The following two tabs change content below.
ゆーま

ゆーま

Director of SalesPEG Africa
西アフリカの社会問題をIoT, AI, Drone, Blockchainなどの先端技術とイノベーションを通して解決することを目指しています。その前にまずは現地文化を理解し、エリート欧米人とガチンコでやれるように今はPEGという西アフリカにある外資スタートアップで2年修行中。それと平行して来年夏以降に本格的に始動させる事業についても準備中です。もしなにか引っかかるところがあればご遠慮なく連絡ください!よろしく!