はじめまして。西アフリカのセネガル在住のニングもえこです。

2016年春、念願のセネガル暮らしをスタートさせました。

Senegal

今はグリオ(西アフリカの伝承音楽家)に嫁ぎ、ダカールの近郊ゲジャワイという下町で暮らしています。

セネガルには伝承楽器「サバール」があります。

そのサバールのリズムが生まれる場所といっても過言ではないくらい
グリオが多く、伝統を受け継ぎ、多くの有名アーティストを輩出している場所がここゲジャワイです。

Senegal 2

さて今私がここで何をやっているのか?

歌手やダンスのアーティストのプロモーションをはじめ、ゲジャワイのアーティストをセネガル国外に発信することです。

2000年にダンスを学ぶために初めてセネガルに渡航し、ダンス以上にセネガルという国に魅了された私は、セネガルの94%の人が信仰しているイスラームに改宗しました。

帰国後はアフリカンダンサーとして活動し、その後知り合ったセネガル人男性と結婚し第一子を出産。
ちなみにこの時の相手はグリオではありません。(笑)

それを機に地域の人たちにセネガルを知ってもらおうと
西アフリカ文化交流「AFRICULTURE」(アフリカルチャー)を立ち上げました。

幼稚園・保育園をはじめ小学校などで演奏活動し、地域のまつりやイベントに出演し、
次のステップとし日本在住のセネガル人アーティストをフューチャーしたコンサート企画を始めます。

アフリカ音楽コンサート「セネガル物語」と名付け、
横浜市神奈川区区民力発揮プロジェクトに認定され、2009年~2015年まで計6回を開催しました。

2012年からは在日セネガル共和国大使からイベントに対する正式なレターと開会の挨拶をしていただき、
本格的な西アフリカ伝承音楽イベントへと発展することができました。

Senegal 3

日本で暮らすセネガル人ミュージシャンには本当に素晴らしい人たちが多く、
しかしなぜか仕事に結びついていない現状を見て、グリオミュージシャンのプロモーションを始めることになりました。

そこでさらにセネガルでのアーティストの現場を知りたいと思い、
17年目にしてすべてのタイミングが揃いセネガルへ拠点を移すことにしました。

決めたのはなんと拠点を移す3か月前(笑)

17年ずっと思い続けたセネガル暮らしがでサクッと決まるとは人生ってこんなもんなんですね。
勢いが大事ですね。

生活を共にしてわかるアーティスト現状

セネガルに来て感じたことはお金がなければアーティスト活動が非常に厳しく、
多くのアーティストが海外へ出ていってしまいます。

もちろんそれはとても素晴らしいことですが、
残された若いアーティストを育て伝統を受け継ぐことも非常に大切だと感じます。

なによりここでの生活だからこそ生まれ、受け継がれていくことの重要性も感じます。

そこで、今まで日本で行ってきた活動のように、少しでも多くの人がセネガルに来てダンスやドラムなどを学んだり観光として、文化体験ワークショップやライブパフォーマンスを見に来てもらうために海外に向けてプロ―モーションを行う準備をしています。

今後はここゲジャワイの仲間とプロジェクトとしてひとつひとつ進めていく予定です。

この経過や地元密着情報など、
これから発信していきますのでよろしくお願いします!

The following two tabs change content below.
ニング もえこ

ニング もえこ

代表AFRICULTURE
17年前の2000年にアフリカンダンスを学ぶためにセネガルに渡航。それ以来、セネガルのすべてに恋い焦がれセネガル愛を貫き2016年に念願のセネガルに移住。伝承音楽家(グリオ)の家に嫁ぎ、地元ゲジャワイから伝統文化・音楽を発信。日本で立ち上げてから今年で14年目になるAFRICULTUREで現地アーティストの収入を作るためにプロジェクトをスタート。日本からダンスやドラムを学びたい方の受入れをしています。プライベートでは結婚2回、3児の母。【AFRICULTURE アフリカルチャー】【Projet Africa Sant -Domou Guediawayehttp://africasant.theshop.jp/