こんにちは、コートジボワール在住の佐々木裕馬(ささきゆうま)です!

前回はガーナとコートジの違いを実体験に基づき書かせてもらい、「両国の最大産業であるカカオについて次回書きます」と言いました。

が、オフグリッドに関する面白い会議がつい先日アビジャンで開催されて会場にも行ったら熱気が半端なかったので、カカオの話は延期して今回は両国のオフグリッド・ビジネスについてご紹介します。

23261924_10214412830265761_1191925608_o

まずはオフグリッド・ビジネスって何?という方のために自分なりに説明させてもらうと、要は電気の通っていない家庭に対して何らかの形で電力の代替製品を提供するビジネスです。

23231867_10214412830305762_111760798_n

日本を始めとする先進国では想像もつかないかもしれませんが、アフリカでは11億人のうちざっくり6億人がオフグリッドの状態(つまり電気が通っていない)にあります。ちなみに世界全体では13億人がオフグリッド状態にあるとされるので、その約半分がアフリカにいることになります。

23231986_10214412829785749_1179525069_n

そしてその大半が農村部に住み農家で、1日100円から500円で生活する人達。電気がないということは、子供は夜勉強できないし、携帯を充電するのもわざわざ隣の村に行かないといけなし、夜は治安も悪くなる。お店も日没に合わせて占めざるを得ない(あるいは暗闇の中そのままやり続ける)。村では大きな娯楽・情報収集源であるラジオも割高なバッテリーを週2回買わないといけない、などなど日常的にあらゆる場面で不便さ・非効率に直面します。

これは各地域の経済発展にとって大きな障害になっているほか、アフリカは人口増加率が半端ないので早くなんとかしないといけない。

23231753_10214412829745748_155161561_n

そこまではコンセンサスがあるけど実際のところ現地政府は思い切った改革を行っていない国がほとんど。

こういった一見絶望的な状況に対して、これを社会的問題解決かつ大きなビジネスのチャンスと踏んだ欧米系スタートアップが政府に頼らず太陽光とモバイルマネーを使った新しいビジネスモデルでグングンと状況を変えています。ちなみに自分もそういった外資系スタートアップの一つPEGに在籍しています。

つい先日、約15億円の資金調達も行い、文字通り会社の規模は1年で倍増しています。この急成長はうちだけでなくこの業界にいる主要スタートアップ全社に当てはまることだと思います。

スタートアップだからできることとできないことがあると思うので、これからは資金力のある大企業がこういったオフグリッド関連のスタートアップへの投資を加速させていくんだろうなと感じています。

前置きはこれくらいにして、ガーナとコートジを拠点にのオフグリッド業界にいる身として両国における主要プレイヤーと今後の動きを中心に紹介させてもらいます。

と思いましたが、すでに長くなったので続きは来週へ!

The following two tabs change content below.
ゆーま

ゆーま

Director of SalesPEG Africa
西アフリカの社会問題をIoT, AI, Drone, Blockchainなどの先端技術とイノベーションを通して解決することを目指しています。その前にまずは現地文化を理解し、エリート欧米人とガチンコでやれるように今はPEGという西アフリカにある外資スタートアップで2年修行中。それと平行して来年夏以降に本格的に始動させる事業についても準備中です。もしなにか引っかかるところがあればご遠慮なく連絡ください!よろしく!