マラウイ渡航の際に、南アフリカのヨハネスブルクにあるタンボ国際空港でトランジットがありました。トランジットの楽しみと言えば、プライオリティパスが利用できるラウンジでゆったりした時間を過ごすことです!今回は、ヨハネスブルクで利用したSHONGOLOLOラウンジが最高すぎたのでレポートさせていただきます。

アフリカ地域で受賞暦のあるラウンジへ!

IMG_2614

プライオリティ・パスとは、世界各地のラウンジが使えるお得なサービスです。トランジットでラウンジを使うと待ち時間が劇的に楽になるので、いつも利用しています。

さて、南アフリカのヨハネスブルクにあるO・R・タンボ国際空港(O.R. Tambo International Airport)のAターミナルではプライオリティパスが使えるラウンジが2017年11月現在で3つあります。

  • BIDVEST PREMIER LOUNGE
  • MASHONZHA LOUNGE
  • SHONGOLOLO LOUNGE

僕の場合、今回は乗り換え時間が1時間もなく、とても短かったのでゲート近くの”SHONGOLOLO LOUNGE”を選びました。A7-A18へ向かう途中のエスカレーターを降りた左手にあります。

このSHONGOLOLO LOUNGEは、プライオリティ・パスの「ラウンジ・オブ・ザ・イヤー2014」において地域別最優秀ラウンジ賞(アフリカ/中近東)を受賞しているんです。

事前の情報集通り、入り口から早速おしゃれで、スペースはかなり広めです。

IMG_2615

朝イチの利用とあってか、電源のある席に余裕で座れました。

IMG_2616

このラウンジは軽食もドリンクも充実しています。食事はチキンのレバーを煮込み料理とソーセージ、スープなどです。個人的にはソーセージが絶品でした。あとフルーツなども用意されてました。

IMG_2617

南アフリカはアルコールの提供は10時以降という情報もありましたが、僕が利用したのは朝の8時台だったにも関わらずアルコールも飲めました。ビールはCASTLEが2種とAMSTELがありました。その他、ワインなども置いてあります。

IMG_2618

もちろんシャワーも完備で、新聞も用意されています。またWi-Fiは非常にスムーズでストレスなく、待ち時間を過ごすことができました。

僕は今回出発ゲートがA23でラウンジからの所要時間は5分と言われましたが、3分程度着いたので結構ゆっくりラウンジで過ごせるかと思います。

基礎情報

IMG_2622

【営業時間】6:00〜22:00
【場所】A7-A18ゲートへ向かう途中のエスカレーターを降りた左手
【条件】最大4時間
【設備】テレビ・軽食・飲み物・シャワー・アルコール飲料・新聞/雑誌・フライト情報・Wi-Fi

※2017年11月時点のものです。最新情報は公式ページからご確認ください

トランジットは余裕を持つのがオススメ!

IMG_2626

普通トランジットでは荷物チェック程度ですが、ヨハネスブルグのタンボ国際空港では、イミグレと同等のチェックがありました。パスポートにトランジット用のハンコに加え、指紋も取られます。

飛行機が到着するゲートにもよるかと思いますが、僕の場合、トランジットエリアに入るまで1時間10分程度かかりました。

この先どこかに乗り継ぐ予定がある場合、乗り換え時間には余裕を持つことをオススメします。

The following two tabs change content below.
凡
Africa Quest.com 編集長。1987年うどん県生まれ。証券会社退社後、青年海外協力隊としてケニアに赴任。在任中に雇用創出をビジョンにソーシャルベンチャーを共同創業し、約2年にわたり運営を行う。現在は、Africa Quest.comの運営や中小企業のアフリカ進出サポート、アフリカビジネスラボのモデレーターなど、アフリカをテーマに幅広く活動している。