アフリカ関連イベント2017年11月下旬編です。

今回は厳選した9つのイベントをご紹介!2017年11月下旬は、南スーダンからの難民を支援しているNGOや日本ルワンダ学生会議による現地報告会など現地の生の情報が聞けるイベントが盛りだくさんです!その他にも、西アフリカのマリの染色の世界を堪能できるポップアップやコンゴ民主を舞台にした映画「わたしは、幸福(フェリシテ)」の公開記念イベントなどが開催されます!ぜひ多くの方々のご参加をお待ちしております!

アクセプト・インターナショナル〜ケニア・中国事業部現地活動報告会〜

22365270_379108602524700_1363638957881725580_n

ケニア事業部では2013年より、ナイロビ・イスリー地区の治安悪化の主要因であり、テロリスト予備軍とも呼ばれるソマリアギャングを対象とした脱過激化・社会復帰支援事業を実施しています。本現地活動での意識改革プログラムでは、イスリー地区にある主要なギャンググループメンバーの大多数を受け入れることに成功しました。本報告会では、今夏に実施した現地活動の成果を、皆様にご報告させて頂きます。

当日皆様とお会いできることを、当法人一同心待ちにしております!奮ってご参加ください。

イベント詳細

【日時】2017年11月18日(土)18:00~20:30(受付開始17:00)
【場所】月島荘 B棟マルチルーム ( https://goo.gl/MMzMcW )
【参加費】一般1000円、学生500円 (学生の方は受付で学生証の提示をお願い致します。)
【申込み】https://goo.gl/WNSCxa
【主催】NPO法人 アクセプト・インターナショナル
【詳細/情報元】Facebookイベントページ

コンフロントワールド活動報告会ー南スーダン難民支援から見えた私たちの国際協力

23032365_519012001797065_6820402671783234603_n (1)

「今必要なことのために、今行動を起こそう」。今年はじめ、ウガンダ北部に避難してきた南スーダン難民との出会いが、創設者原貫太の心を動かしました。

「不条理の無い世界の実現」をビジョンに掲げ、日本・アフリカで活動する国際協力NGOコンフロントワールド。今年9月にはウガンダ北部にて、南スーダン難民への緊急支援やサッカーチームの設立支援を実施しました。

本イベントでは、今夏の支援事業をご報告するとともに、南スーダン紛争・難民問題を切り口に「なぜアフリカでは紛争が終わらないのか」「アフリカで起きる紛争と私たち日本人の生活の繋がり」について、代表原から講演させて頂きます。また、講演終了後には原とコンフロントワールドのスタッフによる対談を行い、「現地に足を運んだ日本人がそこで何を感じたのか」「日本で暮らす私たちは今何をするべきなのか」をともに考えます。

イベント終了後には参加者とスタッフの交流会も予定しております。「国際協力に関心がある」「これを機会にアフリカで起きる紛争を詳しく知りたい」「コンフロントワールドの活動を応援したい」という皆さま、奮ってご参加ください!スタッフ一同、皆さまにお目にかかれますことを楽しみにしております。

イベント詳細

【日時】2017年11月19日(日)14:00~16:00/交流会 16:00~16:45(13:30開場)
【場所】新宿NPO協働推進センター 501会議室(新宿区高田馬場4丁目36-12)
【参加費】社会人:1000円/学生:500円(学生証の提示をお願いします)
【定員】50名
【申込み】https://goo.gl/forms/gzfYgIBuHfsIF8Eq1
【主催】コンフロントワールド / Confront World
【詳細/情報元】Facebookイベントページ

Homage to Mukuna 〜銀座でアフリカ音楽を楽しむ日!〜

21764875_1438815779527440_7697530151184895916_n

第1部:荻原和也トークイベント OPEN13:30〜 / START14:00〜
第2部:ムクナバンド・イーグルビジョンによる本場アフリカンミュージック演奏(ご案内:今井田博) OPEN15:30〜 / START 16:00〜

イベント詳細

【日時】2017年11月19日(日) 14:00〜22:00
【場所】ヤマハ銀座スタジオ(東京都中央区銀座7-9-14)
【参加費】前売券5,000円(税込) / 当日券5,500円(税込) 全自由席
【定員】限定112席(定員に達し次第、受付終了)
【申込み】http://eplus.jp/
【詳細/情報元】Facebookイベントページ

みんなの知らないルワンダ〜アマホロ(平和)について考える〜

22308658_1126500354152616_6948149480547443096_n

「ルワンダってどんな国?」「アマホロって知っていますか?」アマホロとは、ルワンダの言葉で、「平和」という意味があります。「ジェノサイド」や「千の丘の国」といったイメージがあるルワンダのリアルな姿を知っていますか?

2017年8月4日から8月16日まで、日本ルワンダ学生会議のメンバー8人が、ルワンダへ渡航しました。12日間の渡航で、ルワンダ人大学生との交流や様々な地を訪問し、メンバーは様々なルワンダの姿を見てきました。本報告会では、メンバーが見たルワンダのリアルをお伝えします!皆様のご参加お待ちしております!

イベント詳細

【日時】2017年11月19日(日) 15:00〜17:00
【場所】協働ステーション中央(東京都中央区日本橋小伝馬町5-1 )
【参加費】無料
【申込み】https://goo.gl/forms/gtuwGpjbkQ7fCxif2
【主催】日本ルワンダ学生会議メンバー一同
【詳細/情報元】Facebookイベントページ

マリ共和国 工房NDOMOの染色の世界~伝統とコンテンポラリーの融合~

16230819_1417139021650574_1785609855625592832_n
こんにちは、アフリカンスクエアーです。日本から遠い国アフリカでは、私たちとは全く異なる自然環境の中、今なお多くの方が伝統的な生活を営んでいます。そんなアフリカ行き来して27年目になり、この度窓の大きな素敵なギャラリーで布の展示をさせていただく運びとなりました。

NDOMOは、2004年に西アフリカのマリ共和国のニジェール湖畔の街。セグーで発足して泥染・藍染・草木染の工房です。創設者のBoubacar DOUMBIAは、1960年のマリ共和国独立以降、1930年代にパリで興った「ネグリチュード(黒人文化を誇りとする)運動」に影響を受けた「カリバネ・グループ」のメンバーでした。集団性を重視して生み出されるダイナミックかつ繊細なデザインの布は1990年以降には、「ボガラン(泥染)・リバイバル」と呼ばれ、大量生産の安価なプリント布が使われる時代にもアート、ファッション、インテリアなど様々な場面において高い人気を得ています。また、伝統的な染色技法の継承により、地域の若者の自立を支援しています。

NDOMOの製品はもちろん、アフリカのアンティーク家具や手編みのかご、アフリカ産のコーヒー、紅茶、チョコレートなどもご用意しております。ぜひ皆様ご家族ご友人と足をお運びくださいませ。

イベント詳細

【日時】2017年11月23日(祝・木)~11月28日(火) 11:00~19:00
【場所】GALLAERY HANA 下北沢
【参加費】入場無料
【主催】マンゴロベ/Mangorobe
【詳細/情報元】Facebookイベントページ

次ページ>> 『わたしは、幸福(フェリシテ)』公開記念イベントが開催!


2

The following two tabs change content below.
Africa Quest.com
Africa Quest.comの編集事務局です。「アフリカに渡航する日本人を増やすこと」をビジョンに、アフリカをもっと身近にすべく、毎日旬なアフリカ情報(旅行、ビジネス、スポーツ、エンタメ)をお届けします!