アフリカ関連イベント2018年1月上旬編です。

今回は厳選した10つのイベントをご紹介!2018年1月上旬は、年初めにふさわしいビジネス、ヘルスケア、アートなど様々なアフリカを学べるイベントが開催されます。野町和嘉氏による写真展「異境エチオピア」や1月下旬に開催される東京アフリカコレクションのプレイベント、ganasによる女性起業家インタビューイベントなど盛りだくさんです!ぜひ多くの方々のご参加をお待ちしております!

年頭企画展~野町和嘉 写真展「異境エチオピア」~

d2663-790-915100-0

東アフリカに広がる高原の国エチオピア。アフリカ大地溝帯の激しい地殻活動により起伏に富んだ国土の中に、80もの異なる言語を話す多様な民族集団が独自の文化を保持しながら暮らしている。紅海を挟んでアラビアと接するエチオピアは、3000年の歴史を持ち、古代イスラエルの時代から、中東・アラビアと密接な関係を保ち、文化的にも民族的にも、他のアフリカ地域とは一線を画した独特の混血文化を誇ってきた。

わけてもエチオピア高原で受け継がれてきた、古代ユダヤ教の流れを汲むエチオピア正教は、他のキリスト教宗派には見られない、聖書時代さながらの独特の宗教典礼を現代に受け継いでいる。本展は、30年以上に渡って撮影を続けてきた中から、宗教文化に焦点をあてた作品を中心に、約40点により構成する。

イベント詳細

【日時】2018年1月5日(金)~1月17日(水)10:00~18:00(最終日は15:00まで)
【場所】アイデムフォトギャラリー[シリウス(新宿区新宿1-4-10アイデム本社ビル2F)
【入場料】無料
【休館日】日曜日
【主催】株式会社アイデム
【詳細/情報元】PR TIMES

Malewa Dimanche Vol.3 アフロ新年会

25399129_1592639380817578_3331461090137357432_n

アフリカ料理を食べて、アフリカ音楽を聴こう!通年そういう店ではありますが、時々テーマを絞った店内イヴェント Malewa Dimanche を行っています。

今回のテーマはコートディボワール。料理はアチェケ(キャッサバ粉で作ったクスクス)を囲んで、数種の西アフリカの味の盛合せ「Garba Plate ガルバプレート」を作ります。音楽はずばり「アビジャン・リンガラ」70年代後半から80年代にかけて、景気の良いアビジャンに、多くのコンゴ人ミュージシャンが集まりました。当時のキンシャサやナイロビと比べて、より華やかな感じのするアビジャン・リンガラ。新春にふさわしく、キラキラいきましょう。

イベント詳細

【日時】2018年1月7日(日)14:00~20:00
【場所】Los Barbados(東京都渋谷区宇田川町41-26パピエビル104)
【申込み】Facebookイベントページ
【主催】Los Barbados
【詳細/情報元】Facebookイベントページ

Training-Infrastructure-Finance (TIF) Strategy for Industrial Development in Sub-Saharan Africa」報告書発刊イベント

JICA研究所は2018年1月10日に、報告書「Training-Infrastructure-Finance (TIF) Strategy for Industrial Development in Sub-Saharan Africa」の発刊記念イベントを開催します。

本報告書は、日本の開発協力経験を基に、サブサハラアフリカの産業化には、①「人材育成、インフラ整備、金融支援」のロジカルなシークエンスを意識した一貫性のある支援、②外国直接投資(FDI)の促進、③継続的な人材育成が重要であると述べています。

本イベントでは、冒頭に執筆者である大塚啓二郎神戸大学教授より報告書の概要を説明します。その後、元世界銀行アフリカ地域担当のチーフエコノミストで、現在ブルッキングス研究所上席研究員のJohn Page氏を招へいし、コメントします。

後半は、パネルディスカッション形式で、園部哲史政策研究大学院大学教授、小田島健JICA研究所上席研究員、富田洋行JICA産業開発・公共政策部課長を交え、アフリカの産業開発について研究者及び実務者の観点から議論します。進行は島田剛JICA研究所招聘研究員が務めます。

イベント詳細

【日時】2018年1月10日(水)18:00~20:00(17:30受付開始)
【場所】国際協力機構 JICA研究所4階 400号会議室(東京都新宿区市谷本村町10-5)
【参加費】無料
【定員】70名
【申込み】イベントページ
【主催】独立行政法人国際協力機構 JICA研究所
【詳細/情報元】イベントページ

Tokyo Africa Collection開催直前トーク「ファッションとエンターテインメントでアフリカ観を変える」

現在開催中の企画展「『衣』を通じて見る世界」に関連して、アフリカをテーマにしたファッションショー Tokyo Africa Collection(東京アフリカコレクション)のプレトークイベントを開催いたします。

Tokyo Africa Collectionは、民族衣装のショーではなく、現地人・関係者へのインタビューでアフリカ諸国の「知られざる魅力」を引き出し、それをベースに全く新しい服をデザインする点や、首都圏の各大学のミスコン出場者をモデルに起用する点など、斬新な切り口が話題を呼びました。

2016年8月に第1回目のショー「Tokyo Africa Collection 2016」を東京・渋谷で開催し、その後お台場のグローバルフェスタ(外務省主催)で再演、2017年9月には早稲田大学最大のファッションショーWaseda Collectioonとコラボしたショーを原宿で行いました。

来る2018年1月20日(土)にはTokyo Africa Collection 2018(会場:六本木グランドタワー)の開催を控えています。開催を直前に控え、Tokyo Africa Collectionの魅力や意義について、運営関係者が語ります。

イベント詳細

【日時】2018年1月10日(水)19:00~20:30
【場所】JICA市ヶ谷ビル 2階 大会議室
【参加費】無料
【定員】50名(先着順)
【申込み】イベントページ
【主催】JICA地球ひろば
【詳細/情報元】イベントページ

アフリカ進出に必要な知識とは?『アフリカ戦略エッセンシャル』

cover-Tk4z9ZxnbliVuwpfq6qYmXR8nhdv1egw

経済のラストフロンティアと言われる「アフリカ」。 近年、日系企業の進出先としても多く注目を集めています。 しかし、進出にあたってその歴史や特殊性を真に理解する企業は多くありません。アフリカ進出にあたって本当に必要な知識とは?日本有数のアフリカ関連機関「アフリカ協会」、「アフリカ開発協会」で理事を務める講師がひも解きます。

本プログラムでは、2018年度4月以降に開講を予定する、『政治経済から解くアフリカ戦略』のトライアルプログラムとして、対アフリカ向けのビジネスにおける押さえておくべき地域研究など、アカデミアの観点からお伝えします。 また、アフリカ進出に向けた戦略のキーファクターを、産官学の三位一体体制の指導で行う本編プログラムのご紹介も行います。

イベント詳細

【日時】2018年1月11日 (木) 19:00~21:00
【場所】早稲田大学日本橋キャンパス(東京都中央区日本橋1-4-1 日本橋一丁目三井ビルディング5階)
【申込み】Peatix
【主催】WASEDA NEO事務局
【詳細/情報元】Peatix

次ページ>> アフリカで活躍する女性起業家をみんなで取材しよう!


2

The following two tabs change content below.
Africa Quest.com
Africa Quest.comの編集事務局です。「アフリカに渡航する日本人を増やすこと」をビジョンに、アフリカをもっと身近にすべく、毎日旬なアフリカ情報(旅行、ビジネス、スポーツ、エンタメ)をお届けします!