IMG_0870

ここ最近、マラウイに行く機会があるのですが、現地で丸一日仕事した後の疲れを癒してくれるのは、やはり”美味しい食事”です。当然、ローカル料理も大好きな僕ですが、今回はビジネス・旅行でマラウイに訪れた方は是非一度行っていただきたい、ブランタイヤでNo.1、いやマラウイでNo.1とも言われるレストラン「21 Grill」をご紹介します。優雅な雰囲気で食事ができる素敵なレストランです!

ブランタイヤでNo.1と噂のレストラン!

IMG_0868

「21 Grill」があるのは、アフリカ東南部に位置するマラウイ共和国のブランタイヤ(Blantyre)です。ブランタイヤは、企業や工場が立ち並ぶマラウイの商業都市です。

IMG_0869

21 Grillは1921年に設立されたレストランで、とてもリーズナブルな価格でファーストクラスの料理が楽しむことができます。ミュージアムの中にいる様な優雅な雰囲気な内装で、オシャレな木も植わっています。南アフリカ系ホテルチェーンが運営しており、プロテアホテルが隣接しています。

前菜(スターター)のエスカルゴに舌鼓!

IMG_0877 2

前菜はバラエティに富んだメニューが揃っています。サーモンやチキンを使った前菜はもちろんのこと、中にもクロコダイルの肉料理なんかもあります!この日はエスカルゴ料理とエビのカクテルサラダをチョイスしました。

IMG_0871

エスカルゴはインドネシアから仕入れいているそうで、ガーリックバターと相まってとても美味しかったです。Escargots au bleuの値段は7000MKW(約1100円)で、12ピースです。

IMG_0872

エビのカクテルサラダは少しピリ辛ですが、ワインとマッチしてお酒が進む一品です。Prawn Cocktailは、6700MKW(約1000円)でした。

IMG_0874

ドリンクはビールからノンアルコールまでなんでも揃っています。中でもワインの種類が豊富で、クオリティの高い南アフリカ産ワインをリーズナブルな価格で楽しめます。

メインのステーキを堪能せよ!

IMG_0883

メイン料理はやっぱりステーキ料理です。ジャックダニエルを使用したステーキやテーブルで炙ってくれるタイプの肉料理など趣向を凝らしたメニューが用意されています。上の写真は、21 Grill Beef Fillet Gratinです。これでなんと9200MKW(約1400円)です。お肉もとても柔らかく、ソースもガーリックが程よく効いており、とても大満足な内容です。

IMG_2699IMG_2701

もちろん牛肉の他にもチキンや魚料理、カレーなども揃っています。なお、サイドはご飯だけでなく、マッシュドポテトやチップスなどを選ぶことができます。

その他、デザートなどもありますが、酒飲みの私はオーダーしていません。興味ある方はぜひ足を運んでみてください。

21 Grill レストラン情報!

19時ごろから混み始めるので、予約しておくことをオススメします!

【レストラン名】21 Grill on Hannover
【住所】Protea Hotel Ryalls | 2 Hannover Ave, Blantyre 1921, Malawi
【電話番号】+265 1 820 955
【参考情報】Trip Advisor
【地図】

The following two tabs change content below.
凡
Africa Quest.com編集長、IC NET TRADING AFRICA LTD CEO。証券会社を経て、青年海外協力隊としてケニアへ渡航。貧困地域に暮らす女性たちへの収入向上支援を行いながら、ケニアに雇用を生むことをビジョンにソーシャルベンチャーを共同設立。2015年9月まで約2年にわたり経営を行う。現在は、ケニアを拠点に農業・食品関連ビジネスの立ち上げ、日本企業のビジネス進出支援、Webメディア運営や講演・セミナー講師などアフリカと日本を繋ぐコーディネーターとして幅広く活動中。