最新情報!

現在のダムの水位の情報はこちらから確認できます。City of Cape Town: Water Dashboard

データを見てみると3月20日現在、目標は1日当た4億5000万リットルに対し5憶6000万リットル程と達成できておらず、依然として貯水量は減少が続いています。しかし、2月からの節水強化の効果なのか、配給に移行するCritical Zone(貯水率13.5%)を、つまりDay Zeroを回避しつつあるようです。

ダム貯水量の過去10年のデータも載っていますが、やはり最低を推移しています。仮にDayZeroを回避したとしても冬にどれぐらいの降水が見込めるかもわからず、昨年程度であればまた今年と同じ時期には厳しい節水を求められるかもしれません。

実際にダム貯水率推移をパーセンテージで表すグラフでは2014年以降は貯水率100%には届かず、グラフの形を見ると2017年の降水は2016年よりも少なかったことがわかります。

ちなみにホテルのオーナーからは水道水の飲用は控えるように言われてましたが、市の公表しているデータによると水質は安定して高い数値を維持しているようです。

報道では…

複数の報道によると、干ばつによる水不足による影響は市民の生活だけでは無いようです。農作物の収穫にも影響があるそうですし、経済にも影響が出ているそうで、ひとつは観光客の減少によるもの、 もう一つは水道料収入の減少です。格付け機関であるムーディーズも干ばつによる経済への影響に懸念を示したそうです。さらにムーディーズは、今後5年間で127億ランド(1143億円)の資金が水道や処理設備に費やすと予測しています。

South Africa’s Cape Town faces severe economic troubles over…

記事の冒頭で少し触れた通り、今回の干ばつ問題はケープタウンのみだけでなく全国に広がりつつあります。ノーザンケープ州の一部、ウェスタンケープ州、イースタンケープ州では干ばつが深刻化しており、2月初旬には政府がNational Disaster(全国規模の災害)として宣言していましたが、3月には新たにNational State of Disasterを宣言しました。これによりNational Disaster用に管理されていた特別予算を使用することが可能となります。すでに2018/2019年予算には60億ランド(540億円)が干ばつ対策等に割り当てられていますが、これに加えて更に資金を投入することになります。

Drought declared a national disaster

Cape Town – Cooperative Governance and Traditional Affairs Minister Zweli Mkhize has declared the prevailing water crisis affecting multiple provinces a national state of disaster. Mkhize, on behalf of the inter-ministerial task team on water, told the media in Parliament on Tuesday that his decision was gazetted as at 10:00 this morning.

ケープタウンや政府は今に至るまで雨が降ることを待っていたわけではありません。水を供給するために施策を打ってきました。具体的には地下水の採掘と海水の淡水化プラントの建設です。最近になりプラントの建設が完了し、稼働が始まりつつあります。しかし、これらすべての施策が完了しても普段の使用量を満たすことは出来ず、引き続き節水が求められています。記事によれば、その節水も大幅に進んでいて平年2月の使用量12億リットルの半分の6億リットルまで削減できているそうです。

V&A desalination plant almost ready to roll – City of Cape Town

Cape Town – The City of Cape Town’s desalination plant at the V&A Waterfront is set to come online in the second half of March, Deputy Mayor Ian Neilson announced on Thursday at a press conference to reiterate the need to keep saving water to avoid #DayZero.

今年の冬は…

季節が逆の南半球では7月頃から冬になり雨量も増える時期。対応策や節水が進み、雨の多い季節に入ることから今年はDayZeroが回避出来るのではという意見も散見されます。

実際に宿泊したバックパッカーズのオーナーも年末には解決してるから今よりは快適に過ごせるだろうと言っていました。話を聞いたときは少々楽観的意見だとは思いましたが…。

いずれにせよ、今年の冬の降水量がかなり重要になりそうです。


1  2

The following two tabs change content below.
Shinichiro Suzuki

Shinichiro Suzuki

2017年4月から南アフリカの北東部にあるクワズールナタール州の小さな産業都市で生活をしています。アフリカでの生活と言うと大変なイメージを持たれがちですが、そんなイメージを覆す日本に近い、ときどき日本を上回ってしまうような出来事がたくさんあります。そんな生活の一部を紹介していければと思います。それと旅行とカメラも趣味なので、今まで行ってきた南アフリカ国内やアフリカ諸国への旅行の様子も写真も交えて紹介していきます。 よろしくお願いします。