世の中の女性に適切で安価な衛生用品を!(ナイジェリア)

CHIVAS VENTURE Nigeria

西アフリカのナイジェリアから出場しているのは、すべての女性が適切な生理用品にアクセスでき、健康に生きられる社会の実現を目指し、グリーンパッド(Green Pad)を開発したFolasade Bamisaye氏です。これまで捨てられていたバナナやプランテンの木の繊維を使用することで、6ヶ月以内に完全に生物分解が可能で自然にも優しく、また手頃な価格での販売を可能にしました。同時に、バナナやプランテンの農家の新たな収入を生み出しました。

CHIVAS VENTURE Nigeria

開発途上国において貧困に陥っている女性と少女のほとんどは生理用品を購入する余裕がありません。ボロ布団やトイレットペーパーの様な非衛生的な選択肢に頼らざるを得ず、様々な健康上のリスクが生じています。ナイジェリアの特に農村地域や半都市地域では、生理期間中、多くの女の子が学校に行くことができなっています。欠席日があまりにも多いため、教育を終えることができない状況も存在しています。

CHIVAS VENTURE Nigeria

今回の助成金を通じて、新しい機械と設備を購入することで生産を大幅に増加させ、多くの女性にグリーンパッドを提供します。また女性を取り巻く健康衛生に関する課題認知に取り組んでいきます。その他。2年で800人以上の雇用を創出するという目標達成と貧しいバナナとプランテイン農家の収入向上を目指しています。

道路から明るい未来を照らす!(南アフリカ)

CHIVAS VENTURE South Africa

南アフリカから出場しているのは、道路を移動する自動車の圧力を再生可能エネルギーに変換するポータブル発電所”VHES(VEHICLE ENERGY HARVESTING SYSTEM)”を開発するClement Mokoenene氏です。VHESは、道路に設置した装置が自動車によって作られた圧力を吸収し、電気を作り出すタービンに動力を供給する仕組みで、環境負荷なく発電することができます。

CHIVAS VENTURE South Africa

サハラ以南アフリカに暮らす約70%の人々は依然として電気を利用できません。一方で、アフリカの多くの都市では交通量が増加しすぎています。都市部での交通の流れで発生する力を利用し電気を生み出し、電気のアクセスを向上させることで、2つの課題を1度に解決できる仕組み作りに挑戦しています。彼らのシステムは6ヶ月以内に稼働する予定で、また組立からメンテナンスまですべてローカルで行うことができます。

CHIVAS VENTURE South Africa

今回の助成金を通じて、再生可能エネルギーを手頃な価格で提供し、アフリカの人々が持続可能な方法で電気にアクセスできるようにします。貧しい地域の人々の生活を改善するだけでなく、より多くの雇用とトレーニングの機会の創出を目指しています。

小さな種から大きな社会的インパクトを起こす!(ケニア)

CHIVAS VENTURE Kenya

ケニアから出場しているのは、モリンガの種子の育成を通して小規模な女性農家を支援している”Kilifi Moringa”のPapu Haroon氏です。アフリカの各地に自生しており、栄養価の高さから「奇跡の木」とも呼ばれるモリンガは、伝統的に葉っぱが貴重な栄養源として食されてきました。Kilifi Moringaはこれまで捨てられていたモリンガの種の部分を農家から購入し、モリンガオイルなど様々な美容製品を販売しています。

CHIVAS VENTURE Kenya

このシンプルなアイデアによって、家族のために食糧を育てながら、さらに収入を得られるようになり、ケニアの貧しい女性たちの生活に大きなインパクトを与えました。モリンガから生まれる美容製品を通して、世界中の女性たちがモリンガの効果を享受でき、それがケニアの女性たちの利益に還元される仕組みになっています。

CHIVAS VENTURE Kenya

今回の助成金を通して、さらに多くのケニアの女性農家をサポートしていきます。モリンガは年に2~3回の収穫しか必要とせず、また1エーカーで年間約1000ドルを生み出すことができます。一方、ケニアでの主食であるメイズ(トウモロコシ)栽培は1エーカーでたった約40ドルです。少ない人数で高齢者や若い女性でも栽培が可能なので、地域経済の活性化や、多くの女子を学校に送ることに繋がります。

オンライン一般投票が実施中!

CHIVAS VENTURE

現在、4月25日(水)まで一般投票を受け付けています。オンライン一般投票では、「どのファイナリストの事業を応援したいか」を世界中の方々に問います。期間中、WEBサイトから投票を受け付け、投票は1人1回のみです。WEBサイトには、ファイナリスト27名のプロフィールやビジネスアイデア、彼らが目指す未来について紹介されています。この投票結果に応じて、総額100万ドルの助成金のうち20万ドルがファイナリストへ分配されます。ぜひ公式サイトをご覧ください。


1  2

The following two tabs change content below.
凡
Africa Quest.com 編集長。1987年うどん県生まれ。証券会社退社後、青年海外協力隊としてケニアに赴任。在任中に雇用創出をビジョンにソーシャルベンチャーを共同創業し、約2年にわたり運営を行う。現在は、Africa Quest.comの運営や中小企業のアフリカ進出サポート、アフリカビジネスラボのモデレーターなど、アフリカをテーマに幅広く活動している。