丸紅は、モロッコの大手商業銀行であるBMCE Bank of Africaとの間で、モロッコ及びその他アフリカ諸国における新規ビジネス機会の共同開拓を目的とした覚書を締結しました。お互いが有する各産業、地域における幅広いネットワークを活用し、様々な分野での潜在顧客やプロジェクトを紹介することで、モロッコ及びアフリカにおける新規ビジネスの創出を目指します。

欧州・アフリカのハブ機能を担うモロッコ!

27006303672_9b46a4b3d9_b

アフリカ北西部に位置するモロッコ王国は、国土は日本の約1.2倍で、人口は約3,482万人です。近年、欧州や中東・アフリカの結節点としての好立地、その地政学上の優位性から、欧州・アフリカのリージョナル・ハブとしての成長機会が高まっています。経済特区の制度を要するなど積極的に外資系企業の誘致を実施しており、日系の自動車部品関連企業も数多く進出しています。

フランス語圏であり、イスラム教が浸透しているモロッコは、積極的に西アフリカ地域へ外交展開しています。2017年1月に合意されたアフリカ連合(AU)への復帰を契機に、欧州のみならずアフリカ諸国との経済的な結び付きが一層深まっていくことが期待されています。

モロッコ国内最大手の商業銀行の1つであるBMCE Bank of Africa(BMCE)は、モロッコ政府により対アフリカ貿易促進を目的に1959年に設立され、現在は民営化され、フランス語圏を中心としたサブサハラ以南アフリカにおいて幅広く事業を展開しています。モロッコの銀行のアフリカ展開としては最大規模を誇り、西アフリカ仏語圏、東・中部アフリカ、欧州、アジアの32カ国に1,200以上の支店を持ちます。

アフリカにおける新規ビジネスの創出を!

MBCE
画像:BMCE BANK HPより

丸紅は、モロッコの大手商業銀行であるBMCE Bank of Africaと、モロッコ及びその他アフリカ諸国における新規ビジネス機会の共同開拓を目的とした覚書を締結したと2018年5月7日発表しました。

丸紅は、2017年3月に日本企業として初めてCFC(Casablanca Finance City)ステイタスを取得するなど、カサブランカ出張所を西アフリカの広域対応上の戦略拠点と位置付け、CFC企業としてのメリットを享受しながら、アフリカ市場の将来展望を踏まえた新規ビジネスの開拓を進めています。

CFCとは、成長するアフリカ市場へのゲートウェイ、フィナンシャル・ハブとしてのカサブランカ市の発展を目指して 2010年に法制化された特区制度です。金融機関、地域統括会社、専門性の高いサービス分野の多国籍企業の誘致を目指しており、進出企業には、税制、労働許認可、外為管理等における事業活動上の各種インセンティブが付与されるため、既に100社以上のグローバル企業が、モロッコの対アフリカ市場を見据えた戦略立地に注目してCFCに加盟しています。

丸紅は今回の覚書を通じ、お互いが有する各産業、地域における幅広いネットワークを活用し、様々な分野での潜在顧客やプロジェクトを紹介することで、モロッコ及びアフリカにおける新規ビジネスの創出を目指します。


The following two tabs change content below.
Africa Quest.com
Africa Quest.comの編集事務局です。「アフリカに渡航する日本人を増やすこと」をビジョンに、アフリカをもっと身近にすべく、毎日旬なアフリカ情報(旅行、ビジネス、スポーツ、エンタメ)をお届けします!