アフリカ産の伝統染織や手工芸品を扱うブランドであるSOLOLA(ソロラ)は、現地の生産者とともに伝統染織の継承やアフリカの文化、アートの発見・発信に挑戦しており、2018年も5月30日より「アフリカ布の浴衣展」を開催します。浴衣作りを始めて7年目となる今回は、オリジナルの半幅麻帯や、アフリカ伝統布の帯、プリント布のヤード販売、プチイベント開催など盛りだくさんな内容です。

アフリカンプリントのお話

浴衣

西アフリカで一般的な布は「ワックス」、「アンカラ(ナイジェリア)」など各国で様々な名称で呼ばれ、普段着からおしゃれ着まで幅広く身に付けられています。

その原型はインドネシアのジャワ更紗です。手作業で作られるジャワ更紗を工業的に生産するため、オランダ人が開発した「機械ろうけつ染め」の布でした。その名残は現在の布にも見られ、インドネシアの更紗の文様やパターンにそっくりなものが残っています。

ジャワ更紗を模倣したプリント布は、19世紀中頃以降、ヨーロッパからアフリカへ輸入されました。
20世紀中頃からはアフリカや、日本を含むアジアでも生産されるようになり、現在は製法や産地、ブランド、生地の等級など種類が細かく分かれ多様化しています。

「若い布」と見られがちなアフリカンプリントですが、150年以上の歴史があり、現在の西アフリカで最も普及している近代のアフリカンテキスタイルの代表格です。

アフリカと日本が浴衣でコラボ!

DM裏面

SOLOLA(ソロラ)はアフリカ産の伝統染織や手工芸品を扱うブランドです。現地の生産者とともに伝統染織の継承やアフリカの文化、アートの発見・発信に挑戦しています。ブランド名のSOLOLAには、コンゴ川流域で使われるリンガラ語で「話し合う」という意味があります。産地に足を運び生産者と色柄や品質について相談し、理想のものを作り上げています。

アフリカにはたくさんの美しい伝統染織がありますが、生活の変化とともに失われつつあります。SOLOLAは人知れず消えゆく美しい布を守り、たくさんの方々にお届けするため、現地で職人の技術を高め、過去の名品に負けない伝統的で高品質な布の生産を行なっています。

SOLOLAの浴衣は山間部に住むおばあちゃん達による手縫いとミシンを併用し、日本での縫製にこだわっています。若い頃からずっと縫い物をしてきたおばあちゃん達、高齢化により作れる人が一人また一人と減る中で、今も生活の中で育まれた手仕事はかろうじて残っています。

これらは世界中で耳にする話ですが、高い技術と美を誇る日本の伝統的な繊維産業にも同じ事が起こっています。特に、私達が普段目にする浴衣や着物を生み出す和装産業は、糸、布、縫製に渡り海外へと生産力が移っています。その続いてきた営みや手の知恵は形のない財産で、残したい、繋げたい、そんなSOLOLAの伝統産業に対する想いと重なり、アフリカと日本のコラボレーション浴衣が生まれました。

使用するのはオーナー自らが現地の布市場を巡り集めたカラフルなアフリカンプリント布です。お仕立て済みの浴衣はその場で、セミオーダー式はサイズとお好きな布をお選び頂き、お仕立て後に浴衣がお手元に届きます。

イベント詳細

DM裏面

今年もSOLOLAの浴衣展を開催いたします!アフリカンプリントのお仕立て済みの浴衣や、お好きな布で受注セミオーダーを承ります。浴衣作りを始めて今年で7年目。今回はオリジナルの半幅麻帯や、アフリカ伝統布の帯、プリント布のヤード販売など盛りだくさんな内容です。

アフリカ布の浴衣展

【会期】2018年5月30日(水)〜6月6日(水)
【時間】12:00〜20:00 (最終日17時まで)
【会場】自由が丘 Diginner Gallery
【詳細】FBイベントページ

コラ(アフリカの弦楽器)の演奏会

コラ演奏会

オープニングイベントとして、アフリカン・ハープ「コラ」奏者のママドゥ・ドゥンビア氏を招いて演奏会 を行います。アフリカにルーツを持つキューバの代表的カクテル「モヒート」用意されます。

コラは西アフリカ発祥の弦楽器で、元々は「グリオ」と呼ばれる人々が使う特別な楽器です。その優雅な音色は聴く人を異世界に誘うような魅力があります。その昔、国に王子が生まれると、お付きの音楽奏者が一人付けられ、寝る前や様々なシーンで王子のためにコラを演奏したそうです。雅なコラの演奏を皆様に楽しんで頂けたら幸いです。

【日時】2018年6月2日(土) 開場18:00、演奏18:30〜19:30
【料金】2,000円(1ドリンク付)
【定員】15名 / 予約制
【奏者】ママドゥ・ドゥンビア氏
【申し込み】contact@diginner.com
【詳細】FBイベントページ

映画「ギターマダガスカル」上映会

ギターマダガスカル

特別上映が決まりました!!映画にはマダガスカルの美しい音楽、自然、信仰、日常の暮らしが随所に登場します。歌詞に現れる人々の感性にもご注目を!素晴らしい映像美とともに、マダガスカルを旅した気分になれる作品です。この機会をどうかお見逃しなく!

【日時】2018年6月3日(日) 開場16:30、上映17:00〜19:00
【料金】1,500円
【定員】10名(予約)
【申し込み】contact@diginner.com
【詳細】FBイベントページ

The following two tabs change content below.
Africa Quest.com
Africa Quest.comの編集事務局です。「アフリカに渡航する日本人を増やすこと」をビジョンに、アフリカをもっと身近にすべく、毎日旬なアフリカ情報(旅行、ビジネス、スポーツ、エンタメ)をお届けします!