バイクビジネスで飯は食えるのか!?

バイクビジネスを展開して人の役に立つのは良いのですが、実際バイクをローンして私の飯が食えるのか?ということです。
ビジネスをするには利益がでないこと意味がありません。

私の飯が食えなくなるのもありますが、資金がなくなればサービスをお客様へ提供し続けられなくなります。

バイクをローンして、こちらも利益を得て1年か1年半後にライダーの手に渡すといっても、利益を上乗せした分だけ支払いに時間がかかり、ライダーから利子が高すぎると思われると、ローンする人も増えません。

バイクをレンタルしている方が、気が楽でいいというライダーも実際います。

それに、ローンを終えて現金一括で買うとなった時に、バイクのお店から私が仕入れをしていれば利益がでません。

店頭価格で販売しても利益がでる、代理店価格で仕入れないとビジネスにならない。。。。
いろいろ調べるうちに、役に立つビジネスなのかどうかも分からなくなってきました。

壁にぶち当たりました。

どのメーカーの代理店になるべきか

acered-img-300x193
HONDA バイクタクシー用バイク

と、いうことで一旦、ローンのことは置いといて、「どのメーカーのバイク代理店になるか?」という方向で考えるようにしました。

まずは「バイク販売で収入を得られる方法」を考えようと思いました。

ケニアにはバイクのメーカーは大きく分けて、3ヵ国に分類されます。

  • インドメーカー(Bajaj, TVS など)
  • 中国メーカー(Skygo, KingBird, Haojin など)
  • 日本メーカー(HONDA, YAMAHA など)

当時私がケニアに来た2014年や2015年の日本メーカーシェアは数パーセントでした。

おおまかに、日本メーカー、インドメーカー、中国メーカーという順番で耐久性は良いという話でしたが、価格も耐久性が高い順に高くなるとのことでした。

中国メーカーがケニアでは多いのですが、各メーカー毎でのケニアシェアは1番Bajaj、2番TVSという感じでインドメーカーが強いのです。世界のシェアではHONDAが圧倒的に1番のシェアですが、ケニア市場ではインドメーカー、中国メーカーが人気でした。

とは言っても、私は日本人で、日本製品の質にも誇りを持っていましたので、日本メーカーのバイクを販売したいと思いました。

ケニアで現地組み立て工場を持っている日本メーカーは、HONDAとYAMAHAでバイクタクシー用のバイクを販売しているのもこの2社でした。そして、2社とお話をさせて頂き、私がしたいことができそうなHONDAさんと契約をする方向にしました。

当時は中古車輸入販売、レンタカー事業などもまだ軌道に乗っていませんでしたので、このリサーチもかなりゆっくりでやっていました。結果、2年近くかかってしまいました(汗)


1  2

The following two tabs change content below.
松本 義和

松本 義和

Managing Directorマクシー(MAXY)
2014年11月からアフリカのケニアでビジネスをしている松本義和です。 ドライバー付きレンタカー、車の輸入販売、バイクショップ経営などいろいろなことに挑戦しています。日本人の中では、なかなか珍しい経験をしているので、私が勉強したこと感じたことなどを記事に書いて、今後ケニアやアフリカでビジネスを検討している人に少しでも参考になれたらと思います。