外務省は第7回アフリカ開発会議(TICAD7)を2019年8月28日から30日まで横浜にて開催することを発表しました。日本政府は、TICADプロセスを通じて、21世紀最大のフロンティアであるアフリカの成長を取り込みながら,官民一体となってアフリカの開発を力強く支援していきます。

アフリカ開発会議(TICAD)とは!?

29919443686_e9344d21d6_z

TICADはアフリカ開発をテーマとする国際会議で、1993年の第1回会議以降,2013年の第5回会議までは5年に一度開催され,2016年に初めてアフリカ(ケニア,ナイロビ)で行われた第6回会議からは,3年に一度の開催となりましたた。第1回から第3回会議までは東京において,第4回及び第5回は横浜で開催されました。現在は国連、国連開発計画(UNDP)、世界銀行、アフリカ連合委員会(AUC)がTICADの共催者となっています。

前回のTICAD Ⅵは初となるアフリカ開催であり、2016年8月にケニアの首都ナイロビで行われました。アフリカ53か国から首脳陣や経済閣僚、国際機関の代表だけでなく、ビジネスセクターやNGOなどの市民社会の代表を含む、約11,000名以上が参加しました。また、安倍首相の同行ミッションとして、77団体の企業や大学などの代表が参加しました。

また安倍晋三首相は、TICAD Ⅵにおいて官民合わせて300億ドル(約3兆円)規模の投資を実施していくナイロビ宣言を表明しました。現在、日本政府はアフリカで日本の技術を生かした「質の高いインフラ」整備を目指し、様々な投資・支援を行っています。

2018年8月末、TICAD7が開催!

29614089915_5943a6b06e_c

外務省は2018年7月27日、第7回アフリカ開発会議(TICAD7)を横浜で2019年8月28日〜30日の3日間開催することを発表しました。また2016年のTICAD VIのフォローアップ及び2019年のTICAD7に向けた準備のため、2018年10月6日、7日に東京において、TICAD閣僚会合を開催する予定です。

同時に、TICAD7事務局を外務省の中東アフリカ局アフリカ部に設置しました。同事務局は、TICAD7及び10月6日より開催される予定のTICAD閣僚会合の設営・運営業務全般を行います。

日本政府は,TICADプロセスを通じて,21世紀最大のフロンティアであるアフリカの成長を取り込みながら、官民一体となってアフリカの開発を力強く支援していきます。


The following two tabs change content below.
Africa Quest.com
Africa Quest.comの編集事務局です。「アフリカに渡航する日本人を増やすこと」をビジョンに、アフリカをもっと身近にすべく、毎日旬なアフリカ情報(旅行、ビジネス、スポーツ、エンタメ)をお届けします!