6185488400_775872c563_b-1024x572

アフリカ開発銀行は、チュニジア共和国、ケニア共和国、トーゴ共和国に対して2億8,497万USドルもの開発支援を決定しました。

チュニジアでは道路インフラの近代化プロジェクト(PMIR)に投資されます。PMIRはチュニジアの内陸部の北から西に及ぶ区域に719キロに渡る道路の整備・舗装を行います。車道の幅を広げることで物流の効率化を図り、地域間の貿易を促進する狙いがあります。ケニアでは、中小企業の成長促進のために投資されます。この投資を通して、約500の仕事を生み出すと予想されています。

トーゴでは、1200名もの若手起業家(うち30%が女性)や14,200名の生産者(うち40%が女性)を対象として雇用改善や起業促進、職業訓練などに投資されます。雇用機会を生み出すことで貧困率を削減し、貧困が原因で発生する事件を現状の58.7%から49%へと減らす狙いがあります。また若者の失業率を2025年までに男性22%を16%へ、女性31.9%を22%へと削減します。中期的に約2万人(うち40%が女性 )の直接雇用を生み出し、所得が25%上昇すると予想されています。

引用元:African Development Bank Group

※写真イメージです。photo credit: 110923 Tunisia, AfDB ink finance accords | تونس والبنك الإفريقي للتنمية يوقعان اتفاقيات تمويل مشاريع | La Tunisie et la BAD signent des accords financiers via photopin (license)

The following two tabs change content below.
Africa Quest.com
Africa Quest.comの編集事務局です。「アフリカに渡航する日本人を増やすこと」をビジョンに、アフリカをもっと身近にすべく、毎日旬なアフリカ情報(旅行、ビジネス、スポーツ、エンタメ)をお届けします!