中古衣類から見るケニアのファッショントレンド

安い値段が付けられる袋には男性用のネクタイといった需要が低いものが詰められている。カマウさんが主に取り扱うのは女性用衣類が詰められたグレードAやBの衣類で、簡単に売りさばけるという。また、子ども用衣類の需要も高い。

「今のところ、ダメージ加工のジーンズやトップス、テフロン加工のブラウス、中国産の毛皮付きトップス、オーストラリア産のパーカー付きセーターなどが売れ筋だね。オーストラリアの中古衣類は質が良いものばかりで人気が高い。それに中国産のものはサイズがケニア人にちょうどよくて、こちらも人気だね。あんまり大きい衣類は人気がないんだよ。」

中古品の方がより多く流通しているケニアのリテールマーケットにおいて、カマウさんはばっちりトレンドを掴んでいるようだ。

ローカルでグローバル中古衣類の魅力

現地在住の日本人でも、もしかするとギコンバマーケットのことを知っている方は多くないかもしれない。スラムの真ん中に位置し、一部機関では立ち入り禁止区画にあたっているため、足が伸びにくいのだ。

しかし、ケニアのローカル市場では意外なことに各国から輸入された商品が数多く見られ、実にグローバルな面も併せ持っている。また、こうしたローカル市場は物流における世界からケニアの玄関口であると同時に、ナイロビから地方の出発口でもある。

また中間層以下の人口が圧倒的多数のケニアにおいて、こうしたインフォーマル市場の情報はケニア経済の新たな一面を見せてくれる。ローカル市場にみられるグローバル性は今後ケニアに参入する企業や起業家にとって一つの鍵となるかもしれない。

 


1  2

The following two tabs change content below.
長谷川 将士

長谷川 将士

株式会社グラスルーツウォーカーズ代表取締役CEO
二十歳からケニアでフィールドワークを続け、大学院時代に行った調査が共著論文として書籍に掲載されています。専門はアフリカ政治経済学(特に紛争及び市民暴力)。最近は中間層論と経済成長論に関心有り。日本のアフリカ報道と学術研究やフィールドワークから見えるアフリカ像が大きく異なることに疑問を抱き、エビデンスに基づいた現場発信型メディアを立ち上げるべく、ケニアで奮闘しています。