fuso

三菱ふそうトラック・バス株式会社は、ダイムラー・トラック・アジア(DTA)がダイムラーの商用車部門のリージョナル・センター(地域センター)をケニアと南アフリカの2カ所に新設したことを発表しました。ケニアに新設した拠点は東・中央・西アフリカ地域、南アフリカの拠点は南部アフリカ地域を管轄し、FUSOの販売とカスタマーサービスの拡大を図ります。

東・中央・西・南部アフリカ地域に2つのリージョナル・センターを新設

三菱ふそうとダイムラー・インディア・コマーシャル・ビークルズ(DICV)が協業を行うダイムラー・トラック・アジアのリージョナル・センターは2015年10月にドバイで開設されて以降、現在世界6か所で順次開設されています。今回新設された2つのリージョナル・センターである、”ダイムラー・コマーシャル・ビークルズ・アフリカ(DCVアフリカ)”は41カ国を、”ダイムラー・コマーシャル・ビークルズ南部アフリカ(DCV南部アフリカ)”は9カ国を管轄し、FUSOを含むダイムラーの商用車ブランドの販売活動とカスタマーサービスを支援を行います。

アフリカ市場で長い歴史を持つFUSOを通じて、存在感をさらに高める

FUSOはアフリカで45年以上も販売活動を続けており、現在、14カ所の現地販売店を通じて車両を販売しています。またケニアでは1977年以来、現地企業と共にFUSO車両のノックダウン生産を手掛けています。またDTAは2013年にFUSOブランドに新型モデルを追加して以来、アフリカではケニア、タンザニア、ウガンダ、ナイジェリア、南アフリカに投入してきました。2016年には、高まるインフラ需要に応え、FUSOブランドとしては初となる高出力の大型トラックをケニアとタンザニアで発売し、今後数カ月でアフリカの他の市場にも同モデルを投入する予定です。

ダイナミックな成長を続けるアフリカ市場が持つ大きな可能性

ケニア、タンザニア、ナイジェリアなど41の市場で構成されている東・中央・西アフリカ地域は、7億7千万人もの人口を抱える巨大市場です。また人口の68%が25歳未満という、世界に類を見ないほどの長期成長の可能性が高い地域もあります。経済発展に伴い輸送事業が拡大し、これによる商用車需要の増加が見込まれています。ダイムラー・トラックは2015年、同地域で5900台の商用車を販売し、そのうちFUSOが4000台を占めています。

一方、南部アフリカ地域に関しても同様の規模の発展があると市場経済の専門家は予想しています。南アフリカ、ナミビア、ボツワナを中心とする9つの国で構成された同地域は、世界経済が悪化している中、年間成長率は平均で4.5%と試算されています。ダイムラー・トラックは2015年、同地域で5500台の商用車を販売し、そのうち1600台をFUSOが占めました。新設されたDCV南部アフリカには大きな可能性があると見込まれています。


DTAについて

ダイムラー・トラック・アジア (DTA)は80年以上の歴史を誇る三菱ふそうトラック・バス株式会社と、インド市場で躍進的な成長を続ける新会社ダイムラー・インディア・コマーシャル・ビークルズ社が共同で事業を行う組織です。DTAは製品開発、生産、輸出、調達、研究活動を共同で行い、お客様にとって価値ある製品とサービスを提供する戦略的なビジネスモデルを推進しています。


引用元:プレスリリース(三菱ふそう)
写真元:三菱ふそう公式ページ

The following two tabs change content below.
Africa Quest.com
Africa Quest.comの編集事務局です。「アフリカに渡航する日本人を増やすこと」をビジョンに、アフリカをもっと身近にすべく、毎日旬なアフリカ情報(旅行、ビジネス、スポーツ、エンタメ)をお届けします!