RIMG1305-002-860x241

Bom dia!ボンディーア!おはようございます!アフリカはモザンビークからお伝えします。

青年海外協力隊としてモザンビークに来てすでに5か月、活動だけではなく、ちょこちょこ遊びも充実してきたので、モザンの観光ポイントをチェックしていきたいと思います。

もし遊びに来る機会がありましたら、是非参考にしてみてください(*^^)v

今回は私の任地、首都マプトにあるおすすめスポットです。主に海岸沿いを紹介します。
ただ、モザンビークの海岸沿いは、あまり治安が良くない場所が多く、 あらかじめしっかり確認しておく必要があります。

カジノ

RIMG1305

モザンビークには、なんとカジノがあります。

こちら、特にパスポートの提示やドレスコードの指定もなく、比較的少ない資金でも遊ぶことができます。
中は撮影禁止のため取ることはできませんでしたが、比較的きれいで、スロットとルーレットがありました。

アフリカンドリームを夢見る方は是非!

メルカド ペイシェ(魚市場)

RIMG1271

こちら、モザンビークの首都マプトの海岸は、正直お世辞にもきれいとは言えません。
しかし、是非行って欲しいおすすめのスポットがあります。

それがこちら

20160302_574

mercado peixe
メルカドペイシェ 直訳すると「魚市場」です。

モザンビークは海に面しているため、魚が豊富にあります。
しかし、今でこそこんな感じできれいな場所になりましたが、少し前までこんな感じでした。

RIMG0081

木の板に気持ち程度に敷かれたシートの上に置かれた魚。高い気温の中この状態での保存で、ハエもたくさん飛んでおり、買いたいと思える感じではありませんでした。これはこれで趣があっていいところもあるのですが、、、。

しかし、今ではこんなにきれいに。

20160302_2265

12662562_873956086055577_3204909256277924403_n

12799296_888116331306219_7062544661855259179_n

20160302_8989

冷蔵庫も完備され、ちょくちょく氷も足されるようになりました。
買った魚介類は、そのまま隣の店に持って行って調理してもらうことができます。

20160302_4851

買った魚をすぐ捌いてくれます

20160302_4528

そして、なんとここ、生牡蠣を食べることができます!!

20160302_7351

日本でさえあたる可能性があるカキを、こんなアフリカの地モザンビークで、しかも生で食べられるなんて、最初聞いたときは信じられませんでした。

しかし、せっかくなのであたるのを覚悟で挑戦してみました。

20160302_4595

あたらず、おいしくいただくことができました!
メルカドペイシェは、モザンビークに来たら一度は行ってほしい場所です。

番外編

海岸沿いのショッピングモールで、お茶をしようと立ち寄った時に偶然見つけたのですが、隣にあったゲームセンターにこんなものが!

RIMG1286

ダンスダンスレボリューション!しかも日本語(笑)

思わずプレイ!知らない曲ばかりでした(笑)

RIMG1288

ちなみにこちら、奥にはボーリング場があり、それも今度やってみたいと思っています。

モザンビークはまだまだ広く、首都にもまだまだ色々な観光スポットがありますし、首都以外にも行ってみたいところはたくさんあります。
他にもお勧めのスポットを見つけたら、その都度紹介していきたいと思います。

ちなみに、首都マプトでは、海岸沿いは危険区域に指定されている場所が多く、事前にしっかり調べていかないと強盗等の被害にあう可能性もありますので、行く際には注意してください!

山室達紀

The following two tabs change content below.
W.W.J Project
W.W.J Projectの運営チームです。「日本人の活動領域を世界へ」をキーワードに20代で海外で活動する日本人がチームを組んで様々なプロジェクトを行っています。本サイト「W.W.J.world」では、ライターxライターの記事や、面白い海外求人情報なども発信していきます。