南アや欧米人には割と知られているんですが、ボツワナは塩湖の宝庫です。
塩湖は現地ではパンと呼ばれ、一部は観光開発中になっています。
自然遺産として世界遺産登録への動きもあります。
ここでは知られざるボツワナの塩湖をまとめてご紹介します。

マカディカディ塩湖(Makgadikgadi Pans)

DSC_1364pa

マカディカディ塩湖は大きくスア塩湖(Sua Pan)と ンウエトゥエ塩湖(Nwetwe Pan)、
その他いくつかの小さい塩湖を含むボツワナ北西部の巨大な塩湖一帯を指します。
このマカディカディ塩湖がボツワナでは最も有名。世界最大級の塩湖となっています。

ンウエトゥエ塩湖(Nwetwe Pan)

DSC_1492

他国の協力隊員がよく任国外でボツワナを訪れた際に行っている塩湖はこちらです。
プラネット・バオバブやグエタロッジなどから塩湖360度地平線の中で寝る
オーバーナイトトリップはボツワナで人気のアクティビティ。
パンの北東部は国立公園になっており、ラグジュアリーサファリで有名。
かのテイラー・スイフトの「ワイルデスト・ドリームズ」のPV撮影は
この国立公園あたりで行われていたようです。
旅行方法の詳細はこちら→ GAPE Makgadikgadiページ

スア塩湖(Sua Pan)

マカディカディの中でも最大のスア塩湖には
バオバブの木が自生するレクブ島(Lekhubu Island / Lekubu Island)や
ココロ島(Kokume Island / Kokonje Island)などがあり、
また雨季に浅い水がたまるとフラミンゴが飛来することでも有名です。

レクブ島(Lekhubu Island / Lekubu Island)

DSC_0351

バオバブとごつごつした岩が特徴の島。
南アと欧米人に人気の秘境だったが最近はPRが功を奏したのか、訪れる人が増え、
秘境感が消えてきている。
スア塩湖の西側にあるので朝日が地平線から登ってくるのが見れる。
旅行方法の詳細はこちら→ GAPE Lekhubu Islandページ

ココロ島(Kokume Island / Kokonje Island)

DSC_2774pa

現在観光開発中の島のため、ガイドブックにもまだ記載されていなく、秘境感がある。
塩湖が白く、立派なバオバブがたくさんあり、バオバブの中に入れるというオプションも。

DSC_2643

レクブ島より島が小さい。スア塩湖の東にあるため、夕日が地平線に沈むのが見れる。

DSC_2329pa
Google位置情報はこちらから

ナタ・バード・サンクチュアリ(Nata Bird Sanctuary)

DSC_3780

雨季には湖になり、フラミンゴやペリカン、冠鶴が飛来することで有名。
乾季は真っ平らの塩湖になる。

DSC_2692_pa

観光開発されているので訪れるのは簡単。
旅行方法の詳細はこちら→ GAPE Nataページ

デセプション塩湖(Deception Pan)

DSC_7770

詐欺の塩湖・・・という名前がなんとも興味深い、
中央カラハリ動物保護区(Central Kalahari Game Reserve, CKGR)の
最も動物が見れるサファリ人気エリアの塩湖。
開けた視界で動物が見つけ易い。
旅行方法の詳細はこちら→ GAPE CKGRページ

フクンチ塩湖(Hukuntsi Pan)

DSC_5110

フクンチという西側の小さい町の奥にある塩湖。
隊員がいなければ訪れることはない、マニアックな塩湖。雨季は水がはり、乾季は枯れる。

フクンチ塩湖のGoogle位置情報

カー・カラハリ・コンセッション・エリアの塩湖(Kaa Kalahari Concession Area)

DSC_5234

このエリアの小さな村が管理するキャンプサイトなどがある、西側の動物保護エリア。
塩湖がときたまあり、動物のたまり場になっている。

カー・カラハリ・コンセッション・エリアGoogle位置情報


アフリカ旅行の際はサファリだけじゃなく、塩湖も訪れてみると面白いと思います。

The following two tabs change content below.
Hiromi Ame
グラフィックデザイナー。東京の広告制作会社2社に合計約8年の勤務を経て、2014年7月より青年海外協力隊で南部アフリカのボツワナに派遣、国立博物館の制作部にデザイナーとして配属されています。アフリカにいながらカンボジア(東南アジア)のNGO団体の広報活動の仕事もしていたりします。他国ボランティアからデザインの仕事も引き受けていますので、お気軽に連絡ください。