china

中国外務省の洪磊(ホンレイ)副報道局長は26日の記者会見で、ソマリア沖で海賊対策にあたる中国軍のために東アフリカのジブチと軍事拠点建設計画について協議中であることを明らかにしました。

ジブチ共和国はエチオピアやソマリアと隣接し、貿易業を経済の中心とする中継貿易国家です。人口約83万人の小さな国です。アメリカ軍はすでにソマリア地域の反テロ作戦やアデン湾のソマリア海賊対策を支援するために基地を置いています。日本やフランスも拠点を設置しています。

拠点建設について主に隊員の休息や燃料と食料の補給が目的としていますが、中東やアフリカでの作戦に利用される公算が高いと懸念する専門家もいます。中国は今年に入り、平和維持活動に従事する部隊を2,600人増強すると明言するなど、アフリカとの関係を強めています。

※写真はイメージです。<photo credit: African Partnership Flight-Djibouti via photopin (license)>
引用元:毎日新聞

The following two tabs change content below.
Africa Quest.com
Africa Quest.comの編集事務局です。「アフリカに渡航する日本人を増やすこと」をビジョンに、アフリカをもっと身近にすべく、毎日旬なアフリカ情報(旅行、ビジネス、スポーツ、エンタメ)をお届けします!