2016年8月27-28日にケニアの首都ナイロビで開催される第6回アフリカ開発会議(TICAD VI)に向け、 6月9〜10日にナイロビでTICAD VIに向けた「市民社会・非国家主体啓発会合」が開催され、100名を超えるNGO/ NPO、民間団体が参加しました。主催は、アフリカ市民協議会(Civic Commission for Africa)、国際家族計画連盟、SDGsケニアフォーラムなどが務め、アフリカ連合委員会(AUC)市民・移民組織局(CIDO)、ケニア政府地方分権・計画省などが後援しました。

sub4
ケニア地方分権・計画省のムチリ管理部長もスピーチ

TICAD Ⅵに向けて、市民社会を巻き込んだ会合が開催!

アフリカの東部に位置するケニア共和国の首都ナイロビにて、8月27-28日にTICAD VI(第6回アフリカ開発会議)が開催されます。開催に先立ち、アフリカの市民社会(NGO/NPOなど)やその他の民間団体(Non-State Actors)に向けて、TICADの重要性をアピールする「TICAD VIに向けた市民社会・非国家主体啓発会合」が、6月9~10日、ナイロビの「ホテル・ロイヤル・オーキッド」で開催されました。

sub3
アフリカ連合委員会のアイマン市民・移民組織局オフィサー

同会合を主催したのは、2007年にTICADに向けたアフリカ側の政策提言のネットワークとして結成された「アフリカ市民協議会」(CCfA)と、国際家族計画連盟(IPPF)、SDGsケニアフォーラムなどのNGOネットワークです。これに、アフリカ連合委員会(AUC)の「市民・移民組織局」(CIDO)、ケニアの地方分権・計画省(Ministry of Devolution and Planning)が後援し、この会合が実現しました。

ベン・オグトゥTICAD担当特使も来場!演説で市民社会をサポート!

main
市民社会の重要性について言及するオグトゥ特使

ケニアをはじめ、特にサハラ以南のアフリカでは、NGO/NPOなど市民社会は、草の根からの開発に取り組む主人公ということで、その存在が非常に重視されています。それを反映し、この会合には、ケニア共和国TICAD担当特使・TICAD VI事務局長のベン・オグトゥ氏(H.E. Ambassador Ben Ogutu)や、後援を行ったケニア地方分権・計画省のC. T. ムチリ管理部長(C.T. Muchiri, Director of Administration)なども参加し、開会式で市民社会の重要性を強調するスピーチを行いました。また、アフリカ連合委員会からもエイマン・ケール・市民・移民組織局オフィサーよりスピーチがありました。

日本大使館・JICAからは、会合の設定が急だったこともあり、スケジュールの都合で残念ながら登壇はありませんでしたが、日本の市民社会を代表して市民ネットワーク for TICADの稲場雅紀が登壇、会合開催について謝意を表明しました。

TICADに向けてアフリカ市民社会から100名を超える参加!

sub5
紛争の問題について訴える若者代表

会丸二日にわたって行われた会合には、ケニアの市民社会組織を中心に100名を超える参加者が集まり、TICADに向けた市民社会の関心が非常に高いことをうかがわせました。

初日ののセッションでは、TICAD VIのテーマである 「産業化」、「保健」、「社会的安定」の課題にそって、平和構築に取り組む若者の代表や、ジェンダー、農村開発、気候変動、社会貢献全般に取り組むNGO・民間団体からの発表などがありました。TICAD VIで採択される「ナイロビ宣言」のアウトラインに対して、アフリカの市民社会からの意見をまとめ、提起していこう、ということとなりました。

また会議の2日目では、「ナイロビ宣言」に対する市民社会の意見をまとめた提言ペーパーの作成が取り組まれました。同ペーパーは、西アフリカのガンビア共和国の首都バンジュールで6月16-17日に開催される「TICAD VI閣僚会議」に向けて完成させ、提出していく予定となっています。


引用元:PR TIMES

The following two tabs change content below.
Africa Quest.com
Africa Quest.comの編集事務局です。「アフリカに渡航する日本人を増やすこと」をビジョンに、アフリカをもっと身近にすべく、毎日旬なアフリカ情報(旅行、ビジネス、スポーツ、エンタメ)をお届けします!