ドイツを拠点に世界中にスポーツ用品の販売を行うブランド「プーマ」は、アフリカサッカー界を牽引する強豪国であるカメルーン、コートジボワール、ガーナ代表チームの新たなユニフォームを発表しました。新ユニフォームには最新技術が用いられており、デザイン性だけでなく、その機能性にも注目が集まっています。

アフリカらしいカラフルなデザインが特徴!新ユニフォームがお披露目!!

過去数十年にわたり、プーマはサッカーアフリカ各国代表チームに高機能かつ高いデザイン性を誇るユニフォームを提供し続けてきました。今回、プーマはその革新的なデザイン精神を発揮し、新しい”evoKNIT”という素材を用いたアフリカ3か国代表のユニフォームを発表しました。

カメルーン代表ユニフォームは5月30日に行われたフランス戦で、コートジボワール代表ユニフォームはその週末に行われたガボン戦にて実際に選手に着用され、ファンへお披露目されました。ガーナ代表ユニフォームは今年度末の試合にて新しいものに変わる予定です。

選手のパワーを最大限に引き出す!最新技術“evoKNIT”を搭載!

https://twitter.com/thatwallace/status/737230290456842240

5月30日に行われたカメルーン対フランスの一戦は、プーマにとって新技術を用いたユニフォームが実際のフィールドでどう評価されるのかを試す機会であり、将来の高機能ユニフォーム事業展開の試金石でもありました

新ユニフォームには“、evoKNIT”という技術で編まれた素材を使用しています。軽量で体にフィットする快適な着心地に加え、体温調節機能やパフォーマンス強化機能も備えています。また、シームレス・ルソー構造を採用したユニフォームはピッチ上で史上初のものです。

この素材は「ダイナミック モイスチャー マネージメント システム」が特徴となっており、二つの編み糸がプッシュプル効果を生み出します。まず、皮膚に触れている方の編み糸がアスリートの体表面から素早く汗を取り除き、次にもう一方の編み糸が水滴を衣服の外へ完全に放出します。

この機能を生み出すため、プーマはこれまでサッカー関連商品には全く用いられることのなかった高度な機械を導入しました。また、ユニフォームの製造過程もとても革新的で、シャツはまずシームレス(継ぎ目のない)の筒状のボディーを編んだ後、同じく筒状の袖が足されて編み上がります。

これらカメルーン、コートジボワール、ガーナの新たなユニフォームは、選手のパワーを強化し、体温を下げ、可動性を高めることに成功しました。これを身にまとったアフリカ代表チームの、更なる活躍が期待されます。


引用元:プレスリリース

The following two tabs change content below.
Africa Quest.com
Africa Quest.comの編集事務局です。「アフリカに渡航する日本人を増やすこと」をビジョンに、アフリカをもっと身近にすべく、毎日旬なアフリカ情報(旅行、ビジネス、スポーツ、エンタメ)をお届けします!