rs_DSC_4322

今回は写真メインの投稿をさせていただきます。

ボツワナ北部、チョベ川とオカバンゴ・デルタエリアにはゾウがたくさんいます。
保護が手厚いせいか、密猟規制がうまくいってるせいなのか謎ですが
とにかくゾウがかなりの数いついています。

rs_DSC_1083

動物保護区は一応、二重の大きなフェンスでかこわれているものの、巨大ほ乳類のゾウには意味をなしません。
その気になれば、さくっと倒してフェンスの外にでてきてしまいます。

北部の町、カサネではゾウが町を徘徊するので子供だけで外にだせなくて大変だとか。
大人でも歩いて遭遇するのは危険なので移動は極力車です。

下の写真は国道を渡るゾウ。

rs_DSC_2533

 

こちらのゾウは妊娠中だそう。

rs_DSC_3599

 

ゾウの子供達。

rs_DSC_1108

rs_DSC_4277

ゾウは大人になればまずライオンなどの脅威にさらされることはないですが、小さい子供ゾウは襲われ易いです。
なので母親ゾウがしっかりガード。

rs_DSC_2136

ちなみに、ゾウの群れのリーダーはメスが勤めます。
大体群れの最年長のメスがリーダーだそう。

rs_DSC_2298

rs_DSC_1921

rs_DSC_3001

写真撮影場所はカサネ チョベ国立公園とモレミ動物保護区、チュリ・ブロックです。

それぞれ下記サイト参照ください。

ボツワナ情報サイトGAPE – モレミ動物保護区(オカバンゴデルタ)

ボツワナ情報サイトGAPE – チョベ国立公園

ボツワナ情報サイトGAPE – チュリ

The following two tabs change content below.
Hiromi Ame
グラフィックデザイナー。東京の広告制作会社2社に合計約8年の勤務を経て、2014年7月より青年海外協力隊で南部アフリカのボツワナに派遣、国立博物館の制作部にデザイナーとして配属されています。アフリカにいながらカンボジア(東南アジア)のNGO団体の広報活動の仕事もしていたりします。他国ボランティアからデザインの仕事も引き受けていますので、お気軽に連絡ください。