アフリカの村落部の子どもたちへ、星空の下での映画鑑賞体験を届けたい!そして、「はじめての映画体験」を通じて別の生き方の可能性を感じ、未来を夢見てほしい!

そんな想いから、cinema starsが「アフリカ星空映画館」プロジェクトの実施に向けて、クラウドファンディングに挑戦中です!アフリカで映画を上映しようと思い立ったきっかけは、映画を通してウガンダの子どもたちに届けたい想いなどをご紹介します!

クラウドファンディングのプロジェクトページはこちらから!

「アフリカ星空映画館」とは?きっかけはある青年の一言だった!

65f68b92-d6eb-47ad-ae7f-975fb8fe95ca

「cinema stars アフリカ星空映画館」は、アフリカでの移動映画館プロジェクトです。東アフリカのウガンダのいくつかの村で、映画上映とワークショップを実施します。

アフリカの村落部では、ほとんどの子どもが映画を観たことがなく、映画館がどんな場所なのかも知りません。そんなアフリカの子どもたちに、映画を届けたいと思うようになったきっかけは、さかのぼること10年前。当時内戦中だったウガンダの星空の下で、”cinema stars”の代表を務めるフォトグラファーの桜木奈央子さんが子どもたちに映画を見せたことでした。

そのときに生まれて初めて映画を見た少年が、10年後に桜木さんにこう言いました。

「星空の下でみんなで観た映画が、大人になった今でも、忘れられない」

その言葉を聞いて桜木さんは、「内戦が長く続き、両親と離れてすごした辛い時期に、子どもたちの心の中に楽しい思い出が残ったことはまるで奇跡のようだ」と思ったそうです。そして、あらためて映画が持つ力を感じ、今回のプロジェクトを開始するに至りました。

世界で1番子供の割合が高い国、ウガンダ

e12bdff0-0448-4341-b476-3ffbbbec027b

アフリカ東部に位置するウガンダは、「アフリカの真珠」とも称されるほど緑豊かで美しい国です。近年、首都カンパラを中心とした都市部の発展が急速に進む一方で、地方部はまだその恩恵が受けられず、経済格差が拡大しています。

ウガンダは世界で最も若年層の割合が高い国で、全人口約4,032万人のうち、なんと半分以上が15歳以下の子どもです。この子どもたちが、未来のウガンダの発展を担っていきます。しかし、こうした子どもたちのなかには内戦中に辛い経験をした子もいます。それが今回のプロジェクト開催地域の子どもたちなんです。

ウガンダの悲しい歴史、内戦とトラウマを抱えた子どもたち

faf1f1bb-27b4-4565-bac5-989f73471e5d

桜木さんが初めてウガンダ北部にあるグルという町を訪れたのは、内戦状態だった2001年のときです。そこで、「戦争」を目の当たりにして、大きなショックを受けた桜木さんは、写真や文章、講演会や写真展で内戦のことを伝える活動を始めました。

そんな中、子どもたちの命を守るための「避難シェルター」建設のコーディネートや運営のお手伝いのため、子どもたちと一緒に寝泊まりしている時、桜木さんはあることに気が付きました。それは子どもたちが、深刻なトラウマを抱えていることです。

例えば、ゲリラ軍に誘拐された、目の前で親を殺された、自分自身が戦った、人を殺したことがある、レイプされた、、、など、そこにいた子どもたちは、それぞれ、想像を絶するような辛い経験をしていました。そして、夜中になると悪夢にうなされ、泣き叫びながら起きてくる子供たち。桜木さんは子どもたちの背中をさすることしかできなかったと言います。

次ページ>>子どもたちの心を変えていった、たき火と映画の力


1  2  3

The following two tabs change content below.
Africa Quest.com
Africa Quest.comの編集事務局です。「アフリカに渡航する日本人を増やすこと」をビジョンに、アフリカをもっと身近にすべく、毎日旬なアフリカ情報(旅行、ビジネス、スポーツ、エンタメ)をお届けします!