ユニセフ(国連児童基金)は、2015年から2016年にかけてのエルニーニョ現象は終息を迎えたものの、過去最強レベルのエルニーニョが引き起こした深刻な干ばつや洪水によって飢餓、栄養不良、病気は増え続けており、子どもたちへの破壊的な影響は悪化している、と発表しました。同時にアフリカ各地のおけるエルニーニョの影響を国別にまとめた報告書も公開されました。

エルニーニョは終わらない!次はラニーニョがやってくる!?

UGDA201501166

エルニーニョ現象が終息を迎えた一方、今後2016年内に、エルニーニョの逆の現象であるラニーニャがさらなる被害をもたらす可能性が高いと予測されています。それにより、もっとも脆弱なコミュニティに暮らす何百万もの子どもたちに影響を与えている重大な人道危機が、さらに深刻になる危険があると、ユニセフの報告書『エルニーニョは終わっていない-子どもたちへの影響(原題:It’s not over – El Niño’s impact on children)』あ指摘しています。

飢餓が、最も影響を受けている地域の子どもたちを襲いつつあります。もっとも深刻な被害を受けている東部・南部アフリカでは、2,650万人の子どもたちが支援を必要としており、その中には、重度の急性栄養不良により治療が必要な100万人以上の子どもたちも含まれています。

多くの国では、すでに逼迫している資源が、限界を迎えています。人々は持っている物を売ったり、食事を抜くなどできることはやり尽くしました。幼い子どもたちへの緊急栄養支援などの支援がすぐに、より多く届かなければ、この数十年にわたる開発の前進は損なわれてしまいます。

感染症も蔓延!さらにジカ熱の脅威も迫る!?

IMG_2890

また、多くの国で、エルニーニョは安全な水へのアクセスに影響を与え、その結果子どもたちの命を奪うデング熱、下痢、コレラといった病気が増加しました。南米、特にブラジルでは、エルニーニョはジカ熱、デング熱、黄熱病、チクングニア熱といった病気を媒介する蚊が増殖しやすい環境を生み出しました。もしラニーニャ現象が広がれば、これまで影響を受けていなかった地域へもジカ熱が広がる可能性があります。

同時にエイズ流行の中心であるアフリカ南部において、エルニーニョの影響によってHIV感染が増加しうるという重大な懸念があると、ユニセフは指摘しています。患者は、空腹時には薬を服用しない傾向にあり、また多くの人々は、限られたお金を保健施設へ行く交通費よりも食べ物を確保することに使うため、食糧不足が抗レトロウイルス薬へのアクセスを妨げる結果となるのです。干ばつはまた、少女や女性たちに、生きるために売春することを強いることもあります。さらに、HIVとともに生きる子どもの死亡率は、重度の栄養不良の場合はそうでない場合に比べて2倍から6倍になります。

次ページ>>アフリカ各地のおけるエルニーニョの影響とは!?


1  2

The following two tabs change content below.
Africa Quest.com
Africa Quest.comの編集事務局です。「アフリカに渡航する日本人を増やすこと」をビジョンに、アフリカをもっと身近にすべく、毎日旬なアフリカ情報(旅行、ビジネス、スポーツ、エンタメ)をお届けします!