ルワンダ青年海外協力隊のタケダノリヒロ(@NoReHero)です。

ぼくの家ではお手伝いさんを雇って、週に一回掃除と洗濯に来てもらっています。

その彼女が妊娠していて、お腹もだいぶ大きくなってきたので産休に入ってもらうことに。

でも産休って言っても何日休んでもらえばいいんだ??と思い、ルワンダの産休制度について調べてみました。

改善中のルワンダ産休制度

実はルワンダの産休制度、つい最近改正されたばかりです。こんな風に。

前制度

産休日数→12週間(産前産後合わせて)

給料→前半6週間は100%支給、後半6週間は20%支給

新制度(16年2月~)

産休日数→12週間(産前産後合わせて)

給料→12週間100%支給

参考:Mothers to get full salary under new maternity leave law(The Rwanda Focus)

以前は20%の給料しかもらえなかったんですね。

そのせいで生活が苦しくなり、産休を早めに切り上げて職場復帰せざるを得なかった人もいたようです。

だいぶ改善されてきています。

日本の場合は?

一方、日本では基本的にこんな感じ。

産休日数→14週間(産前6週間、産後8週間)

給料→取り決めがないため、ほとんどの会社では給料なし

ただし、以下の様な補填があります。

<出産手当金>
健康保険組合などから「出産手当金」が出る(給料の2/3の額)。
会社から給料が出ている場合は減額。
国民保険加入者はなし。

<出産一時金>
どの健康保険に加入していてももらえる。
1児につき42万円程度。

参考:産休のときの給料はどうなる?[結婚のお金] All About

ややこしい…

これを自動で計算してくれる便利なサイトがありました。

【2016年最新版】産前産後休業・育児休業給付金 | 期間・金額計算ツール

5個の項目を変更するだけで、休業期間や給付金の金額を教えてくれます。

計算してみた例↓(数値は初期設定)

スクリーンショット 2016-06-28 20.16.16

これはわかりやすい。

出産手当金は2/3になってしまうので、ルワンダの全額支給には及びませんが、出産一時金ももらえるのでトータルで見れば日本の方が良さそう(さすがにアフリカには勝ってるか…)。

ただし、世界的に見ると出産・育児に対する公的支援は弱いようです。

うちのお手伝いさんは

ということで、うちのお手伝いさんにはルワンダの制度に則って「12週間+給料100%」で休んでもらうことに。

妊娠していることを知ったとき、「働き続けても大丈夫なの?」と聞いたら、「全然問題ない」と言っていたのでしばらくはそのまま来てもらってました。

でも大きなお腹を抱えながら、かがんでタライを使って洗濯したり、掃除のときに家具を動かしたりするのは大変なはずです。

もしかしたら、この仕事を休んでしまうと生活が苦しくなるから無理して続けていたのかも…。

それでしばらくは休んでほしいということ、休んでいる間の分もお金は払うということを伝えました。

彼女も最初は「申し訳ないから…」と言っていましたが、「元気な子どもを産んでもらわなきゃいけないからね」と言うと、笑って了承してくれました。

こっちとしても、この件でずっとヒヤヒヤモヤモヤしてたので一安心。

しばらくは掃除洗濯がんばらなきゃ。

タケダノリヒロ(@NoReHero)

The following two tabs change content below.
Norihiro Takeda

Norihiro Takeda

コミュニティ開発(Community Development Officer)青年海外協力隊(Japan Overseas Cooperation Volunteers)
2016年1月から2年間、青年海外協力隊としてルワンダで活動します。 前職は菓子メーカー営業。水問題を中心に、地域の人々の生活改善をお手伝い。 これからルワンダに来る方々の役に立つ、現地リポーターならではの生の情報をお届けします!