南アフリカのワインは、ワイン生産地域の中でも最も厳しいと言われる環境に対する基準を設けており、世界的に評価が高まっています。日本最大級の品揃えを誇る南アフリカワインの通販サイト「リカーショップ アフリカー」は、南アフリカのエコ生産者が造る「地球に優しいECOワインセット」の販売を開始しました。

ECOワインって何?南アフリカ産ワインの新たな取り組み!

sub2

近年、南アフリカのワインは、目覚ましい発展を遂げ、世界的に評価が高まってきております。しかし、その裏にある生産者たちのECOに対する努力はあまり知られていません。

南アフリカのワイン生産地は、世界遺産の中にあり、自然と調和したワイン造りを業界全体で取り組んでいます。例えば環境保全に関するサスティナビリティシールの他、排水規定、薬品使用規定、耕作面積に関するルール等があります。南アフリカのワインボトルには1本1本「サスティナビリティシール」が貼られています。これは、環境保護ガイドラインに則って生産された証であり、番号をオンラインで入力すると環境基準に関する検査状況のトレースができるようになっています。こういった仕組を導入したことは世界でも唯一の取り組みです。

main

これらは、数あるワイン生産地域の中でも最も厳しい基準の1つとされ、欧米各国から南アフリカへ見学に来るほどです。200種類以上の南アフリカワイン、ブランデーを販売しているオンラインリカーショップ「アフリカー」は、そんな知られていない南アフリカのECOに対する努力を消費者にも知ってもらいたい。新たな南アフリカワインの魅力を発見してもらえれば嬉しい。そのような想いから、ECOワインのセット販売を開始しました。

大注目のECOワインの気になる内容とは!?

sub1

ECOワインの販売価格は、5本で10,500円(税込11,340円)です。ECOでも高品質なワインをセット販売しています。セットに含まれるワインは、以下のECOポリシーを持った生産者によって造られています。

  • 1グラハムベック:耕作面積の6倍を自然保護地域にするポリシーを持っている優良ワイン生産者。
  • フィルハーレヘン:外来種駆除で、2240ha(東京ドーム約470個分)の土地の生態系を再生させた生産者です。
  • ポールクルーバー:多くの自然保護区の設立に携わるなど、積極的に自然保護活動を行っている生産者です。
  • ブーケンハーツクルーフ:フランシュックコンザーバンシーという自然保護団体のメンバーで火災管理や植物保全管理、学生による他ハリネズミの生態研究費用の寄付などを実施しています。
  • ガーディアンピーク:販売利益の一部をカラハリライオンの保護に活用しています。

気になる方は商品詳細のページでチェック!!


記事参照元:ワインは、美味しいだけが魅力じゃない!!エコな南アフリカの生産者が造るワインをセットで販売開始。

The following two tabs change content below.
Africa Quest.com
Africa Quest.comの編集事務局です。「アフリカに渡航する日本人を増やすこと」をビジョンに、アフリカをもっと身近にすべく、毎日旬なアフリカ情報(旅行、ビジネス、スポーツ、エンタメ)をお届けします!