スクリーンショット 2016-08-25 22.46.29

2016年8月27日、第6回アフリカ開発会議(TICADVI)がケニアの首都ナイロビで開幕します。TICADVI首脳会合は8月27日、28日の両日、安倍総理、ケニアッタ・ケニア大統領を共同議長に、各国首脳を含む40カ国を超えるアフリカ各国代表団、TICAD共催者であるアフリカ連合委員会(AUC)、国連、国連開発計画(UNDP)、世界銀行のリーダーに加え、100名を超える日本・アフリカ双方のビジネスリーダー、国際機関、先進・新興国、援助機関、市民社会、研究者などが一堂に会し、新たな課題に直面しつつあるアフリカの開発について議論します。

世界中から注目を集めるアフリカ開発会議!TICADの歴史を振り返る!

8934336238_ae06153a83_b

TICADは1993年に東京で第1回が開催されて以降、東京で3回、横浜で2回開催されてきました。第6回目を迎えた今回は、アフリカ各国のTICADへの高い関心と強い意欲により、初めてのアフリカ開催が実現しました。これに応えて、日本からは安倍総理が、日本の総理大臣として15年ぶりのケニアを訪問します。

その他、多数の政界、経済界、学界のリーダーがナイロビに集まり、近年アフリカで発生した諸問題や、今後の開発の方向性等について、TICADの特徴および日本の強みを活かした具体的貢献策を示せるよう、官民を挙げて議論していきます。

2013年のTICADVでは、5年間でODA 1兆4,000億円を含む3兆2,000億円の官民によるアフリカ支援が日本政府により表明されました。また、アフリカの好調な経済成長と高い人口増加率を背景に、アフリカでのビジネス振興の可能性が大きく注目されました。TICADV以降、日本企業のアフリカへの関心はさらに高まり、アフリカへの進出事例も確実に増加しています。

変化するアフリカ経済!新たな課題をTICADを通して議論する!

TICADⅤ 3/6/2013

しかしこの3年間で、アフリカを巡る2000年代以降の好調な経済状況は変化しつつあります。第1に、2014年秋以降、エネルギー・資源価格が下落しています。これに伴い、国際通貨基金(IMF)などによるとアフリカの経済成長率は2000年以降の年5%超から、2016年には1.6%に低下すると予想されています。ただ、例えばTICADVI開催国のケニアを含む石油輸入国では、原油価格下落が逆に経済に良い影響を与えており、2016年の成長率は2015年までの3年間と同様、6.0%を維持すると見込まれています。このように、エネルギー・資源価格の下落に伴い、各国の経済構造により成長率に大きな差が生じてきているのもアフリカの新たな動きです。

第2に、2014年夏以降のエボラ出血熱の流行拡大が挙げられます。エボラ出血熱の感染拡大は2016年1月に終息しましたが、アフリカの保健システムの脆弱性がアフリカのみならずグローバルな課題であり、国際社会による取り組みが必要であることが改めて認識されました。第三に、暴力的過激主義拡大もアフリカで大きな影響を与えています。近年アフリカでもテロや襲撃事件が頻発するようになり、社会の不安定化を招いています。

TICADV以降に生じてきたこれらの新たな課題に対応して、TICADVIでは以下の三点が優先分野として議論されます。

  1. 経済多様化と産業化を通じた経済構造転換の推進
  2. 生活の質の向上のための強靭な保健システムの推進
  3. 繁栄の共有のための社会の安定化の推進

次ページ>> アフリカに対して果たすJICA・国際協力の役割とは!?


1  2

The following two tabs change content below.
Africa Quest.com
Africa Quest.comの編集事務局です。「アフリカに渡航する日本人を増やすこと」をビジョンに、アフリカをもっと身近にすべく、毎日旬なアフリカ情報(旅行、ビジネス、スポーツ、エンタメ)をお届けします!