世界最大手ガラスメーカーであるAGC旭硝⼦のグループ企業”AGCオートモーティブ・ヨーロッパ社”は、モロッコのガラスメーカー・INDUVER社と⾃動⾞⽤ガラスの合弁会社を設⽴しました。今回の⽣産拠点新設は、AGCグループ初の北アフリカ進出となります。欧州向け⽣産拠点として位置づけられているモロッコ進出で、自動車用ガラス需要を掴みます。

欧州向けの重要な生産拠点!自動車メーカーが続々とモロッコに進出!

5457800999_0842b5feee_z

アフリカの北西部に位置するモロッコ王国は、日本の約1.2倍の国土に、約3,400万人が暮らしています。モロッコは地理的にヨーロッパに近いこともあり、近年、欧州向けの重要な⽣産拠点として位置づけられています。

北アフリカで最も⾼い経済成⻑が続いるモロッコには、この様な事情から既に数多くの欧州⾃動⾞メーカーが進出を決定、または予定しています。 また、欧州の⾃動⾞⽣産台数は毎年2千万台を超え、今後も2%前後の成⻑が続くと⾒込まれています。

高付加価値の製品を生産!自動車用ガラスの需要を掴む!

AGC_GLASS

世界最大手ガラスメーカーであるAGC旭硝⼦のグループ企業であるAGCオートモーティブ・ヨーロッパ社は、モロッコにおける事業環境を踏まえて、モロッコ北部沿岸部・ケニトラ州にINDUVER社と合弁で⾃動⾞⽤ガラス事業会社を設⽴しました。2019年に商業⽣産を開始し、合せガラス・強化ガラスなどの⾼付加価値の製品・サービスを欧州、北アフリカのお客様に提供する予定です。⽣産能⼒は年間約110万台と見込まれています。

AGCグループは、これまでガラス、電子、化学品、セラミックスなどの事業分野で技術とノウハウを蓄積し、建材や自動車、エレクトロニクスなど幅広い産業界へソリューションを提供してきました。特に⾃動⾞⽤ガラス事業を成⻑事業の1つと位置づけており、拠点展開を拡充してきました。今回の初となる北アフリカ進出により、欧州および北アフリカの⾃動⾞⽤ガラス需要に応え、更なる企業価値向上を図っていきます。

参考)INDUVER社について

  • 代表:Hakim Abdelmoumen
  • 所在地:カサブランカ市(モロッコ)
  • 設⽴:1947 年
  • 従業員数:368 名(2014 年 12 ⽉末時点)
  • 事業内容:主に⾃動⾞⽤、建築⽤、産業⽤ガラスの製造・販売

Cover Image Photo credit: Geraint Rowland Photography via VisualHunt.com / CC BY-NC

The following two tabs change content below.
Africa Quest.com
Africa Quest.comの編集事務局です。「アフリカに渡航する日本人を増やすこと」をビジョンに、アフリカをもっと身近にすべく、毎日旬なアフリカ情報(旅行、ビジネス、スポーツ、エンタメ)をお届けします!