b68081992c85e76dcdfe15a543ac394b_ececb483473c48a2d45d212b82b8a58a

新たな資金の流れとしてクラウドファンディングが大きく成長しつつある。資金の余剰部分から不足部分へ、インターネットを通した資金の流通は一般的に先進国だけの話なのかと思いがちである。しかし、調べてみるとアフリカにおいても、現在次々とクラウドファンディングサービスが立ち上がっていることがわかった。

アフリカにおけるクラウドファンディング市場

Crowdfunding could be huge in Africa but regulatory laws need to catch up

2015年、アフリカにおけるクラウドファンディングの市場規模(プロジェクトの調達総額ベース)は全体で$32.3million(約33億円)であった。まだまだ小さい規模であるが、特徴としてはアフリカの経済を支える主体であるSMEsの資金調達が目立つことである。

というのも、全体論としてアフリカや途上国において、日本のような銀行を中心とした間接金融やアメリカのような直接金融も依然として未発達な市場が多い。市場制度の完成よりも早くテクノロジーが進歩しており、ある意味でインフォーマルな形としてクラウドファンディングが発達していくことが想像されるのである。

規制や法制度は全くといって良いほど整備されていないことは重大な問題であるが、スマートフォンの普及とインターネットにかかるコスト低下で、より多くのアフリカ人がクラウドファンディングの恩恵を受けることになるだろう。

実際このような動きは南アフリカでは既に起こっている。(ただし、南アフリカは若干他のアフリカ諸国とは違うので注意が必要ではあるが、、、)

8808edfcfdf9826ba2b4cf46c5ea2262_41c3b65bc459b59e63f0754d4871f7a4

上記の図はアフリカ諸国におけるクラウドファンディングサイトの分布図である。まだまだ広く広まっているとは言えないが、南アフリカにおいては一段と多くのサービスが生まれていることがわかる。シェアとしても、アフリカ全体$32.3Mのうち、$30.8Mが南アフリカで調達されている。

プロジェクト数の内訳を見てみると、下記のように多くが社会的プロジェクトであり、ついでビジネス、Creative&Innovative Projectが多い。若干日本や世界的なアベレージよりも社会的目的のプロジェクトが多いとは言え、全体的な傾向が一致しているのはやはり、クラウドファンディング独自の特性によるものなのかなと思った。

dd00283d5ce5a095d6d39e5446c95b76_93d0ee9639959bf975a77231d86abcd1

ただし、プロジェクト数が圧倒的に多い Social Causesについても、資金調達額で見てみると下のグラフのようになんとも言えない気持ちになる。

78fb08a51ec016502cbcb2013a18e868_14469ca97f7c8268eaaeef6b12da9b9b

プロジェクト数で3割を占めていたSocial Causesは額ベースで見ると、1%以下なのである。Socialなプロジェクト単位の平均調達額が$1,500であることが大きな理由であるとされているが、それにしても少ない。。。。

上記はアフリカ国内で運営されているプラットフォームであるが、下で見るのはアフリカ外のクラウドファンディングサービスで資金調達されたアフリカ向けの資金をしめしたものである。2015年には全体で$94.6Mを調達しており、国内市場の3倍である。特性的にその目的は主にSocial Causesであり、中でも内訳は下記のようになっている。

0b8eaf1415df377d9d602db68e1fc4eb_b9bfc141c5d96ee090485c5db0c3e9b9

これまで援助機関やNGO, NPOなどが担ってきた国際協力的な文脈がクラウドファンディングを一つのきっかけとして民間の資金に代替され始めているのかもしれない。まだまだ、サブサハラアフリカの多くの国ではクラウドファンディングが浸透しているとは言えないが、これからナイジェリアやケニアを中心にアフリカの経済大国で伸びてくるのは間違いないと強く感じた。

次ページ>> クラウドファンディングサービス5つ


1  2

The following two tabs change content below.
矢部 寿明
慶應義塾大学商学部5年。大学1年時にユニセフの講演を聞き、国際開発の世界でのキャリアを志すようになる。アメリカへの交換留学を経て、初めて訪れたアフリカで物乞いに仕事を求められるという体験をし、現地での雇用や労働、その大元であるSMEsを支援したいと思い、起業を目指している。