独立行政法人日本貿易保険(NEXI)は、東アフリカのウガンダが計画している地方道路整備事業に関して、住友商事を通じて日本製の建設機械を購入する資金の融資に対して、保険の引受を決定したと発表しました。住友商事はウガンダ国内各地区へ配備される建設機械などを土木事業・運輸省へ納入します。

貿易に関わるリスクを軽減!NEXIが提供する貿易保険とは!?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-25-18-22-27

NEXIは、2001年に設立された経済産業省所管の独立行政法人です。輸出入や海外投資、海外融資などの対外取引に伴うリスクを填補するための貿易保険を提供することで、日本企業の海外展開を支援しています。

貿易保険とは、海外バイヤーとの輸出・投資・融資を行う際に発生するリスクに備える保険で、日本に拠点である日本企業・外資系企業が活用できます。例えば、輸出先の国が新たな規制を導入したため輸出ができなくなったり、取引先の経営悪化で代金が回収できなかったりするケースに備えます。また、テロなどのカントリーリスクなどにも備えることができます。

農業国ウガンダ、地方のインフラ整備に日本製の建設機材を購入!

5580590344_6833815bec_z

東アフリカに位置するウガンダ共和国は、国土面積が24.1万平方キロメートルと日本の本州と同じくらいの広さで、人口は3,778万人です。主要産業は農業であり、主な輸出品にはコーヒー、紅茶、魚、コットンなどがあります。この様な農業国であるウガンダは、現在、農作物の市場流通を容易にするために地方道路整備を計画しています。

ウガンダ政府の計画に基づき、住友商事はウガンダ国内各地区へ配備される、コマツ、酒井重工業、タダノ、三菱ふそうトラック・バス、極東開発工業らが製造する建設機械や資材運搬用車両などをウガンダ土木事業・運輸省へ納入します。

今回の案件は、三井住友銀行と国際協力銀行(JBIC)の協調融資で、NEXIはこのうち三井住友銀行の融資部分について保険を引き受けます。保健価額は約76億円で責任期間は約5.5年です。NEXIは、今後とも日本の輸出信用機関として、本邦企業の海外における事業展開を積極的に支援していく方針です。


記事提供元:ウガンダ共和国/建設機械輸出に係る融資に対する保険の引受(プレスリリース)

参照元:

独立行政法人日本貿易保険(NEXI)ホームページ
ウガンダ共和国 基礎データ(外務省)

1st Photo credit:独立行政法人日本貿易保険(NEXI)ホームページ
2nd Image Photo credit: flöschen via Visualhunt.com / CC BY

The following two tabs change content below.
Africa Quest.com
Africa Quest.comの編集事務局です。「アフリカに渡航する日本人を増やすこと」をビジョンに、アフリカをもっと身近にすべく、毎日旬なアフリカ情報(旅行、ビジネス、スポーツ、エンタメ)をお届けします!