ルワンダ在住歴1年、竹田憲弘(@NoReHero)です。

現地で(しかも田舎で)生活していて便利だなーと思うのが「モバイルマネー」携帯電話を利用した送金システムです。

そもそも「アフリカの人たちって携帯使うんだ!」と驚く人も多いでしょう。ルワンダの携帯普及率は78.2%(※16年3月時点)とされています。

※引用元:Mobile phone penetration rate rises marginally to 78.2% in March| The New Times

ぼくはこのモバイルマネーで、電気と電話とネットの料金を支払ってます。

登録&デポジットさえしておけば、いつでもどこでも入金可能なんです。

デジタル面では遅れていると思われがちなアフリカ生活ですが、きょうはこの便利なモバイルマネーについて紹介します。

とってもニッチな情報ですが、どこかのだれかのお役に立てば幸いです。

昨年3月に投稿したものをベースに、情報を追記して新たに作成した記事です。

mobile money

モバイルマネーに無料登録

まずは携帯ショップに行って、モバイルマネーに登録しましょう。

ぼくが使っているのは「MTN」という会社。おもな電話会社はほかに「Tigo」や「Airtel」があります。

IMG_8830

IDとパスポートのコピーを携帯と一緒に渡し、所属先や端末の登録者名など確認された後、モバイルマネーのPINコード(5桁)を設定して、無事に登録完了。

モバイルマネーの登録自体は無料で可能です。

デポジット

デポジットする金額の目安

モバイルマネーに登録ができたら、デポジット(入金)しておきましょう。

ぼくは毎月ネット代に25,000RWF、電気代に10,000RWFくらい?、電話代(エアタイム)にちょこちょこと使ってるので、毎回30,000~60,000RWFくらいデポジットしてます。

もちろん何度も入金するのが面倒であれば、多めに入れといてもいいと思います。

デポジットできる場所

デポジットできるのは、以下の3箇所。

  1. MTNショップ
  2. 道端にパラソルを出しているMTNの路上スタッフ
  3. MTNの代理店になってるアリメンテーション(※)

※水やお菓子、ちょっとした生活雑貨などを売ってる小さなよろず屋さん。

アリメンで30,000RWFデポジットしようとしたら、「金額が大きすぎる」と断られたことがあります。まとまったお金を入れるときはMTNショップか、パラソルの路上スタッフのところに行きましょう。

デポジットする方法

以下の流れでデポジットできます。

  1. 入金したいお金を渡し、金額を確認
  2. 電話番号を伝える
  3. スタッフがPCや携帯で電話番号を入力
  4. 「Norihiro Takeda?」と名前を確認される(電話番号に紐付いた登録名がスタッフの端末に表示される)
  5. 合っていたら、入金してもらう
  6. 完了後、自分の携帯にSMSが届く

これで各種サービスに入金可能です。

モバイルマネーで入金できるサービス

モバイルマネーを使えばさまざまなお金のやり取りをすることができますが、ここではぼくが実際に使っている電気(キャッシュパワー)と電話(エアタイム)とネットの入金方法について説明します。

電気料金(キャッシュパワー)支払い方法

「*182#」に電話をかける。
※「182」だけでなく「*」も「#」も入力必須です。

DSC_5306
1) ENを選択(EN=Engllsh, KIN=Kinyarwanda)。

DSC_5307
2) Buy を選択。

DSC_5308
2) Electriciy を選択。

DSC_5310
送金したい金額を入力。

DSC_5311
メーター番号(カードの11桁)を入力。

DSC_5322
このカードに書いてある11桁を入力。

DSC_5312
MTNショップで設定した5桁のモバイルマネー用のPINコードを入力。※携帯自体のセキュリティコードとは別です。

DSC_5313
「すぐに確認のメッセージが送られてきます」の表示。ここで残高も確認できます。

DSC_5314
成功するとこんなSMSが届きます。あとはこれに書いてある20桁の番号をメーターに入力すれば電気の補充完了。

DSC_5191
家にこんなメーターがあるはず。お金が切れそうになると「ピッピッピッ」ってなります。うるさい。

MTN側の問題か、通信環境のせいか、何度やっても失敗する状態が一定時間続くことがあります(しかもわりと頻繁に)

「停電しちゃったのに入金できない!」という事態を避けるために、余裕をもって入金しておきましょう。

次ページ>> 電話料金(エアタイム)支払い方法!


1  2

The following two tabs change content below.
Norihiro Takeda

Norihiro Takeda

コミュニティ開発(Community Development Officer)青年海外協力隊(Japan Overseas Cooperation Volunteers)
2016年1月から2年間、青年海外協力隊としてルワンダで活動します。 前職は菓子メーカー営業。水問題を中心に、地域の人々の生活改善をお手伝い。 これからルワンダに来る方々の役に立つ、現地リポーターならではの生の情報をお届けします!