今回皆さんに紹介したいTED映像があります。

▲演説者:ユービン・ナイド

ユービン・ナイド(Euvin Naidoo)の ”なぜアフリカに投資すべきか(Why Invest in Africa?)”です。

投資コンサルタントのユービンはこの映像で単に感情に訴えるのではなく、具体的な理由と根拠を示してアフリカを新たな投資先として注目しなければならない理由を述べます。

ユービンは ”アフリカと言えば思い浮かぶ最も良くないのは何ですか” と観客に投げかけます。観客はユービンの質問に対して飢饉、虐殺、エイズ等の言葉が浮かんで来ると答えます。彼はアフリカのネガティブな姿を無視したり、否定しようとはしません。ただ、”それらがアフリカ全部を表現することではない”としながら、本題に入ります。

▲北米大陸とアフリカ大陸の衛生写真

ユービンの話は22年前に行ったアフリカ旅行から始まります。野外で横になって星がいっぱいある夜空を見て印象的だった彼は数年後、二つの写真に出会います。それはアフリカとアフリカの反対側に位置する北米の衛生写真でした。見た目の差は一目瞭然。アフリカは灯りがとても少なかったのです。この闇こそがアフリカの可能性をよく表しているのだと彼は言います。

“アフリカは面積が広くて人口も多い大陸なので、成功出来るビジネスが多いのが一番の魅力です。それに加え、国際経済状況が良くないという予想とは違ってエジプトやナミビア等多くのアフリカ国家の物価上昇率は10%を下回って安定的な流れを見せています。アフリカに投資したら誰でもお金を稼ぐことが出来るまでは言えないですが、チャンスは限りなく潜んでいる”とユービンは言います。

特にナイジェリアの場合、中東と並ぶ石油埋蔵量を持ち、米国の主要取引国として浮上しています。エジプトも地理的な利点を活かして交易に力を入れ、農業分野でも目覚ましい発展を遂げています。しかし、まだアフリカは舗装道路が不足し、市内ではATM機器を探すのも大変です。ユービンはこのような状況を変えるためにはまだまだやるべきことは多いと強調しつつも、アフリカの現実を変えながら金銭的に成功する機会を逃す手はないというメッセージを伝えます。

個人的にアフリカに対する投資を感情的ではなく理性的な視点で話すのがとても斬新な講演でした。一方的な援助より収益を出すための投資がアフリカの健全な発展をもたらすのではないのでしょうか。ユービンのようにアフリカで新たな可能性を探す方達が増えるのを期待します。

The following two tabs change content below.
Soohyeon In

Soohyeon In

'恐れずに挑戦しよう'この言葉をモットーにして生きて来ました。 2011年、「貧困やエイズではなく開発される明るいアフリカを見たい」と思ってインターネットでチームメンバーを集めて1ヶ月間行きました。現在日本へ来て2年目。IT企業でプログラマとして働いています。