作者アーカイブ: Ippei Tsuruga - ページ 2

Africa News

タンザニア、社会保障をインフォーマル・セクターへ拡大!貧困撲滅へ政府が約束!

タンザニア政府が社会保障カバレッジ拡大へ本気モードだ。サイモン・ムワンジャリ首相府シニアエコノミストが、インフォーマル・セクターへ社会保障カバレッジを拡大させることの重要性を語った。 「タンザニア政府…
続きを読む
Africa Reporter

マラウイのトイレを綺麗にする方法、コミュニティ主導型総合衛生管理(CLTS)という改善策

先日、マラウイのトイレについて思いを巡らせていた。正確に言うと、「トイレ」ではなく公衆衛生を改善する方法だ。6月4日の掲載記事「マラウイ農村の公衆衛生の問題点は?-サニタリーモニタリングを実施して分か…
続きを読む
Africa News

日本のモノレール技術をアフリカへ!ナイジェリア・ラゴス州でJICAが10億ドルの都市鉄道事業を準備!

JICAがナイジェリア最大都市ラゴスの都市鉄道を整備 現地報道がラゴス州政府の話として伝えたところによると、国際協力機構(JICA)がラゴス州の鉄道建設に協力する。事業規模は10億ドル(約1,000億…
続きを読む
Column

ソマリア難民支援から難民問題とホストコミュニティの負担を考える〜ケニアの事例より〜

北アフリカや中東から多くの「難民」がヨーロッパへ渡っている。受入国との間ですでに軋轢が生じ、受け入れたいと思っている人々の思いとは裏腹に、受け入れ能力が限界に達している国も散見される。難民問題が専門で…
続きを読む
Column

イノベーションとカイゼン、アフリカはどちらを必要としているのか?

イノベーションが熱い。イノベーションは今、開発援助関係者の間で注目度ナンバーワンのトピックとなった。実務家、研究者、ビジネスパーソン、誰もがイノベーションという言葉を使い、その響きに魅了されている。英…
続きを読む
Column

現金給付の好みはジェンダーと世代間で異なる?〜若者は今を生き、中年はのんびり、老人は再び今を生きる〜

社会保障の給付方法の好みはジェンダーと世代で異なるかもしれない。現金給付プログラム(Cash Transfer)は開発途上国の貧困と不平等の是正に効果があるとされ、様々な角度から実証研究がされている。…
続きを読む
Buzz Africa

社会保障 × ICT で開発途上国の貧困問題に立ち向かう〜ケニアの現金給付プログラム〜

世界銀行の今年の世界開発報告書(WRI)のトピックは、インターネットとデジタル化でした。途上国の開発援助の世界では、インターネットやデジタル化は「情報通信技術(ICT)」という分野で議論されます。私は…
続きを読む
Column

西アフリカのガーナが国家社会保障政策を発表!ポイントをわかりやすく解説します!

国家社会保障政策抜きに、貧困削減は語れない時代の到来 6月13日、ガーナ政府は国家社会保障政策(National Social Protection Policy: NSPP)を発表した。これは、貧困…
続きを読む
Column

スティグリッツが語る、アフリカの産業政策と経済構造転換

ノーベル賞に関して伝統的に日本は理系分野に強く、社会科学分野での受賞は少ない。特に経済学賞に至っては日本人は未だかつて受賞したことがない。 2015年9月、ジョセフ・スティグリッツ教授(コロンビア大学…
続きを読む
12