作者アーカイブ: Ippei Tsuruga - ページ 2

Africa News

ナイジェリアの貧困人口は8,000万人、貧困率は64%と高い水準!〜国連報告書〜

ナイジェリアはアフリカ最大の人口を抱えると同時に、最も多くの貧困層を抱える国となるかもしれない。 9月5日、第4次国連開発援助枠組み(UN Development Assistance Framewo…
続きを読む
Column

ジンバブエ、人間開発指数が大幅改善!貧困率は改善の兆しも、絶対的貧困は未だ深刻な水準!

HDIが大幅改善で、ジンバブエがアフリカの優等生に? 過去6年間で、ジンバブエの人間開発指数が著しく向上した。国連開発計画(UNDP)によれば、ジンバブエは、保健、教育、所得、ジェンダー平等といった人…
続きを読む
Africa News

アフリカで初!ケニア政府、社会保障の経営情報管理システム(MIS)を統合!

ケニア政府は9月14日、社会保障(Social Protection)の受益者選定(ターゲティング)に用いる経営情報管理システム(MIS)の一本化を発表した。今後、ケニア政府が実施する全ての社会保障制…
続きを読む
Africa News

ナイジェリア、汚職防止にスマートフォンアプリを導入!ICT活用で効果を発揮!

ナイジェリアの運送業者はチェックポイントでたびたび止められることに悩んでいる。こうしたチェックポイントの多くは、違法に設置され、ドライバーから違法に現金を徴収する。ドイツの援助機関GIZの2012年の…
続きを読む
Africa News

タンザニア、社会保障をインフォーマル・セクターへ拡大!貧困撲滅へ政府が約束!

タンザニア政府が社会保障カバレッジ拡大へ本気モードだ。サイモン・ムワンジャリ首相府シニアエコノミストが、インフォーマル・セクターへ社会保障カバレッジを拡大させることの重要性を語った。 「タンザニア政府…
続きを読む
Africa Reporter

マラウイのトイレを綺麗にする方法、コミュニティ主導型総合衛生管理(CLTS)という改善策

先日、マラウイのトイレについて思いを巡らせていた。正確に言うと、「トイレ」ではなく公衆衛生を改善する方法だ。6月4日の掲載記事「マラウイ農村の公衆衛生の問題点は?-サニタリーモニタリングを実施して分か…
続きを読む
Africa News

日本のモノレール技術をアフリカへ!ナイジェリア・ラゴス州でJICAが10億ドルの都市鉄道事業を準備!

JICAがナイジェリア最大都市ラゴスの都市鉄道を整備 現地報道がラゴス州政府の話として伝えたところによると、国際協力機構(JICA)がラゴス州の鉄道建設に協力する。事業規模は10億ドル(約1,000億…
続きを読む
Column

ソマリア難民支援から難民問題とホストコミュニティの負担を考える〜ケニアの事例より〜

北アフリカや中東から多くの「難民」がヨーロッパへ渡っている。受入国との間ですでに軋轢が生じ、受け入れたいと思っている人々の思いとは裏腹に、受け入れ能力が限界に達している国も散見される。難民問題が専門で…
続きを読む
Column

イノベーションとカイゼン、アフリカはどちらを必要としているのか?

イノベーションが熱い。イノベーションは今、開発援助関係者の間で注目度ナンバーワンのトピックとなった。実務家、研究者、ビジネスパーソン、誰もがイノベーションという言葉を使い、その響きに魅了されている。英…
続きを読む
Column

現金給付の好みはジェンダーと世代間で異なる?〜若者は今を生き、中年はのんびり、老人は再び今を生きる〜

社会保障の給付方法の好みはジェンダーと世代で異なるかもしれない。現金給付プログラム(Cash Transfer)は開発途上国の貧困と不平等の是正に効果があるとされ、様々な角度から実証研究がされている。…
続きを読む