アーカイブ: Issue/ODA - ページ 11

Africa News

南スーダンで深刻な飢餓が発生。国連機関が和平合意の速やかな実行を求める。

アフリカの東部に位置する南スーダンが今、未曽有の食糧危機に直面しています。ユニセフ(国連児童基金)、FAO(国連食糧農業機関)、WFP(世界食糧計画)は、同国の人口の25%に相当する280万人が緊急の…
続きを読む
Africa News

エチオピアの干ばつが深刻に。国土の4分の1が栄養危機に陥っていると国連WFPが発表。

エチオピアで発生している干ばつは、近年で最悪と言われるエルニーニョ現象とあいまって、穀物の不作や家畜の大量死を引き起こしています。国連WFPによると、人道支援が必要な人は昨年に比べ約3倍に増加し、今や…
続きを読む
Africa News

中央アフリカ共和国で14日に開催された次期大統領選の裏で、危機的状態に陥る子供たち。

中央アフリカ共和国で次期大統領と国会議員を選出する投票が14日に実施されました。中央アフリカ共和国武力は3年前に衝突が勃発して以来、実質的な無政府状態になっていました。 この3年間で中央アフリカの子ど…
続きを読む
Africa News

女性器切除、エジプトやエリトリアなど世界中で2億人が被害が受けているとユニセフが発表

ユニセフ(国連児童基金)は、女性器切除(女子割礼、Female Circumcision;FC)を経験した女性たちが世界30カ国で少なくとも2億人いるという報告書を発表しました。被害を受けた半数は、エ…
続きを読む
Africa News

日本政府、過去最大級の干ばつに苦しむエチオピアなどに対して7億円超の緊急支援決定!

外務省によると29日、日本政府は東アフリカ地域のエチオピア,ケニア及びソマリアに対する630万米ドル(約7億4,000万円)の緊急無償資金協力を実施することを決定したと発表しました。 現在発生している…
続きを読む
Africa News

エルニーニョによる干ばつで、南部アフリカ約5000万人が被害を受ける緊急事態に!

アフリカ南部ではエルニーニョ現象の影響によって、深刻な干ばつの被害を受けています。国連WFPの分析によると、過去30年で最も強烈であると言われる今回のエルニーニョ現象は、アフリカ南部において農村部で4…
続きを読む
Africa News

アフリカで汚職が深刻な国は?腐敗認識指数が示す60億人が晒されている汚職の現状とは。

政府や企業の汚職実態を監視する非営利組織(NGO)である「トランスペアレンシー・インターナショナル(TI)」は1月27日、2015年版の「腐敗認識指数(CPI)」を発表しました。 汚職のない最もクリー…
続きを読む
Africa News

ついにエボラ出血熱が西アフリカで流行終息!次なる課題は再発防止と回復者のケア。

2016年1月14日、世界保健機関(WHO)はアフリカの西部に位置するリベリアでエボラ出血熱の終息宣言を行いました。「国際的に懸念される公衆衛生の緊急事態(PHEIC)」として宣言された大流行は、最も…
続きを読む
Africa News

南スーダン、ニジェールなどの紛争地では4人に1人の子供しか学校に通えない事実!

ユニセフ(国連児童基金)は1月12日、 紛争の影響を受ける22カ国で、 危機下にある地域に暮らす子ども2,400万人近くが学校に通えていないと発表しました。 これは紛争地で暮らしている小中学校の学齢期…
続きを読む
Africa News

密猟で消えゆくアフリカゾウ。監視強化を目的にジンバブエが、野生動物の中国輸出を強化。

アフリカの南に位置するジンバブエの現地新聞ヘラルドは、ジンバブエのオッパ・ムチングーリ環境相がこれから野生動物の輸出を増やしていくと述べたことを伝えました。密猟者に対する監視を強化する資金を確保すると…
続きを読む