アーカイブ: Africa Reporter - ページ 2

Africa Reporter

一緒に暮らすのは面倒くさい!だけど面倒くさいからいい!!~ガーナでホームステイしてみた〜

他人と一緒に住むって、ちょっぴり面倒くさいですよね。 「生活をする」って毎日の基本だから、同居人と揉めたりなんかしたらやりにくくてしょうがない。だけどものの置き方、掃除の仕方、生活リズム、小さなことに…
続きを読む
Africa Reporter

国際協力の時代転換!?アフリカはビジネスでしか変えられない!

どうも初めまして。タンザニアでTrickster ltd.という広告代理店を営んでおります園部篤史と申します。 簡単に自己紹介をさせて頂くと、大学在学中、インターンシップでタンザニアを訪れ、そのまま現…
続きを読む
Africa News

1ヶ月間住んで分かった、モザンビークで暮らすと言うこと~生活環境から街中の雰囲気まで~

滞在約1ヶ月目。ここまでで、見たモザンビークの生活について書いてみた。 暑い。とりあえず暑い。エアコンのある環境は一握りぐらいしかない。部屋の構造上の問題(コンクリート製)のため風も抜けず、本当に暑い…
続きを読む
Africa Reporter

自撮りも大好き!?ガーナの人たちが自分の顔や容姿に誇りを持ってる理由!

メマモアハーー!!(皆さんこんにちは)今回は西アフリカ、ガーナで理学療法士として働いています柴田が、“容姿と自信”に関してお届けします。 パシャ!パシャパシャ!!  ここガーナで街を歩いていたり外に座…
続きを読む
Africa News

モザンビークでのお金の価値は!?~ローカルからリアルな相場観を学ぶ~

今日はモザンビークでの金銭感覚について考察して見たいと思う。バックパックなどで途上国へ行くと陥るのが、金銭感覚マヒである。外食の方が安い!とよく食べすぎ、飲みすぎの声が聞こえて来る。そんな僕もその一人…
続きを読む
Africa Reporter

ボツワナの会議〜アーメンから間違い探し、ティータイムがない会議とかあり得ない!〜

さてさて、“会議は踊る、作業は進まず”な日々を送る隊員は多いかと。 日本の会議もムダが多いと言われてますが、ボツワナは比ではないです。 というわけで本日の会議のお話。 最初っからムダと言ってますが、も…
続きを読む
Africa Reporter

モザンビーク入国。今後2年間モザンビークでの文化発信していきます。

モザンビークで青年海外協力隊として活動することになりました、横井隆宏と申します。 簡単な自己紹介 簡単な経歴を述べますと、人材営業(1年(内半年はインドに滞在)→刃物メーカー品質管理(4年)といった経…
続きを読む
Africa Reporter

ITから食、交通機関までビジネスチャンスあり?!ここが不便だよ、マラウイ10選!

マズカバンジ―!(マラウイの共通語チェワ語で"How are you?") 3日連続停電で、夜ごはん食パンばかりで飽きてきたさちこです。 マラウイに住んで10か月。 だんだんとマラウイ人化しつつある最…
続きを読む
Africa Reporter

出演時間が朝2時に変更!?モザンビークでイベントを企画するのは大変だった件!

Bom dia! おはようございます! 昨年ですが、モザンビークでソーラン節を踊る機会がありました。といっても私は今まで踊ったことが無く、教えてもらいながらでしたが。 最初は大使館からの要請で、海外公…
続きを読む
Africa Reporter

ガーナで学んだ、課題に直面した時に毒気に頼らない道を選ぶこと!〜変えてくとこ・曲げないところ〜

30万円を間違って使われてしまった。10月のことだ。 これはプロジェクトのために、約半年かけて50社以上の地元企業をまわり一生懸命集めたお金で、キックオフイベントの日時も決まったところだった。 何故3…
続きを読む