アーカイブ: Africa Reporter - ページ 3

Africa Reporter

ガーナで感じる中国とインドの存在感!一方、日本は・・・〜草の根ビジネスとガラムセの現状〜

中国の圧倒的存在感 ガーナの町を歩いて最初に受ける洗礼と言えば、「チャイナー!チンチャンチョンー(中国人の話し方を真似ているらしい)!」という掛け声の嵐。 言っている方は単にからかってみたいだけのよう…
続きを読む
Africa Reporter

意外にも上手な筆さばき!マラウイで漢字の講義と習字のイベントを開催!

今日はマラウイの首都、リロングウェで習字のイベントを行い大盛況だったので、そのことを紹介したいと思います。 (習字イベントの様子 マラウイと日本) 私は中高等学校で普段は理科教育の活動をしていますが、…
続きを読む
Africa Reporter

ルワンダ、これからどうなるの?「Vision2020」から見る現状と将来

ジェノサイドを経てめざましい経済発展を遂げ、「アフリカの奇跡」とまで言われるようになった国、ルワンダ。 その発展の指針となっているのが、2000年に策定された『Vision2020』です。2020年に…
続きを読む
Africa Reporter

帰国後もマラウイと繋がっていたい!理数教員として働く協力隊員がアフリカに来た理由!〜自己紹介〜

青年海外協力隊でアフリカのマラウイに派遣中の川﨑です! 理科教育隊員をしています。 教育隊員は少ないため、日本とアフリカの教育の違いをもっと知ってもらいたいなという思い、 こちらで寄稿させていただくこ…
続きを読む
Africa Reporter

モザンビークで日本文化を紹介!〜協力隊員で初めて日本祭りを開催!〜

先日、協力隊のメンバーで現地の学校に行き日本文化の紹介をしました。 隊員が活動している配属先の学校に有志でお邪魔し、日本祭りと称して日本に関連した出し物をします。  昨年から計画が持ち上がり、今回は第…
続きを読む
Africa Reporter

アフリカで起業という選択の身近さ!〜僕が23歳でタンザニアでビジネスをスタートした理由〜

どうも、園部です。 今回は僕の経験も交えながら、アフリカと起業について語ってみたいと思います。 不肖私、タンザニアにきてそろそろ3年が経とうとしております。大学に入学して、就活始まるぞ~って雰囲気にな…
続きを読む
Hot Topics

ルワンダのIT起業家を輩出!オープンスペースkLabに行ってきた

ルワンダ青年海外協力隊の竹田憲弘(@NoReHero)です。 首都キガリにある、IT起業家向けのオープンスペース「kLab」に行ってきました。 kLabとはなにか、kLabから輩出された企業、kLab…
続きを読む
Africa Reporter

マラウイに1年住んだら変わった6つのこと!〜アフリカで心が開放的になって幸せに!?〜

マズカバンジー!(マラウイの共通語チェワ語で'How are you?') 寒い日本から真夏のマラウイに降り立った2016年1月。 2017年1月でついにマラウイにきて1 年が経ちました。 だいぶ日本…
続きを読む
Africa News

マダガスカルに巨大サイクロン上陸。国際機関やクラウドファンディングによる支援も始まり中。

マダガスカルにサイクロンEnawoが上陸し、3月11日15時(現地時間)の時点で死亡50名、行方不明20名、約176,000名が被災していると伝えられています。(-> Orange 速報ページよ…
続きを読む
Africa Reporter

一緒に暮らすのは面倒くさい!だけど面倒くさいからいい!!~ガーナでホームステイしてみた〜

他人と一緒に住むって、ちょっぴり面倒くさいですよね。 「生活をする」って毎日の基本だから、同居人と揉めたりなんかしたらやりにくくてしょうがない。だけどものの置き方、掃除の仕方、生活リズム、小さなことに…
続きを読む