アーカイブ: Country - ページ 3

Africa Reporter

なぜ若者はアフリカに行くべきなのか!?ガーナでのインターンを通じて見えたコト!〜座談会〜

海外インターンシッププログラムを企画・運営するアイセックのプログラムの一つであるENは、西アフリカのガーナで「内発的で持続可能なコミュニティー開発」をテーマに活動を行っています。この夏、2人のインター…
続きを読む
Africa News

HUAWEI、エジプトにオープンラボを新設!北アフリカのICTエコシステム構築を目指す!

HUAWEIは2017年12月11日、エジプトの首都カイロに世界で8か所目となるオープンラボの開設を発表しました。HUAWEIは、北アフリカの業界団体やパートナー各社とともに、北アフリカ地域における産…
続きを読む
Africa News

書き間違えた年賀状で国際貢献!タンザニアの看護師育成に繋がるキャンペーンが開始!

日本キリスト教海外医療協力会(JOCS)は、東アフリカのタンザニアでの保健医療協力活動のため、「書き損じハガキ収集キャンペーン」を2017年12月1日(金)から開始しました。書き損じハガキ1万枚で、タ…
続きを読む
Country

日本人が運営するマラウイ初のゲストハウスをオープン!〜内装と設備を大公開!〜

マラウイで初の日本人宿をオープンしました! オープンのきっかけ!! 最近までホテル暮らしをしていたのですが、頻繁に停電したり、ゴキブリが大量発生したり、盗難が心配だったり、、なかなか安心して生活できる…
続きを読む
Africa Reporter

ウガンダの孤児院で、子どもたちと劇のコンテストを企画して学んだボランティアの役割!

こんにちは、上智大学一年の吉田です。私はこの夏一ヶ月間ウガンダに滞在し、現地のスラムに位置する孤児院でボランティア活動を行ってきました。2回目となる今回は、孤児院の子どもらと共に企画した劇のコンテスト…
続きを読む
Bon

農業を通じてウガンダでエイズ孤児を育てるシングルマザーを応援!PLASの新たな挑戦を聞く!

エイズ孤児支援NGO・PLAS(プラス)は、東アフリカのケニアとウガンダにおいて、HIV/エイズの影響を受ける人々を対象に12年に渡り支援を行ってきました。今回、PLASは干ばつの影響に苦しむウガンダ…
続きを読む
Column

コートジボワール旅行者必見!西アフリカの経済中心地アビジャンの超おすすめスポット!

はじめまして、コートジボワール在住の佐々木裕馬(ささきゆうま)です!ガーナとコートジボワールを中心にオフグリッド業界、すなわち貧困層向け太陽光発電キット事業について2回に渡ってざっくり書かせてもらいま…
続きを読む
Africa Reporter

ブルキナファソの憲法に「食料への権利」の記載を目指す!HFWが取り組む草の根活動!

西アフリカのブルキナファソでは、カボレ大統領のもとで憲法改正の準備が進められています。憲法改正にあたって、国際NGOハンガー・フリー・ワールド(HFW)では、「食料への権利」の明文化向けて活動していま…
続きを読む
Africa News

アフリカ2拠点目!日本通運、日系フォワーダー初となる支店をモロッコに開設!

総合物流国内最大手である日本通運の現地法人”欧州日本通運”は、モロッコ最大の都市であるカサブランカ市にモロッコ支店を開設しました。さらなる成長が見込まれる北アフリカ地域での体制を強化します。日通は8月…
続きを読む
Africa News

アフリカへの進出を後押し!JETRO、ケニア・起業支援ミッションを開催!【参加者募集中】

2016年8月、ケニア共和国の首都ナイロビで「第6回アフリカ開発会議(TICAD Ⅵ)」が開催されたことを契機に、日本人のアフリカへの関心度が高まっています。一方で、まだアフリカに訪れた日本人は多くあ…
続きを読む