青年海外協力隊としてルワンダで活動しているタケダノリヒロ(@NoReHero)です。

前回の記事で、ルワンダは2020年以降に観光に力を入れていくのではないかと書きました。

現状では観光業が盛んであるとは言えないルワンダですが、徐々に観光発展の兆しは出てきています。

destination

10年で訪問者40倍

まずは2013年AFPの記事。

ルワンダの観光業界は、この10年間で飛躍的に成長した。2004年に2万7000人だった年間入国者数は、2012年には108万人に増加。観光収入も、1500万ドル(約14億8000万円)から2億8200万ドル(約278億円)に急増した。
ルワンダには観光客を魅了する見どころがたくさんある。果てしなく山々が連なる絶景や、手つかずの豊かな熱帯雨林、光輝く湖などだ。また、首都キガリ(Kigali)は世界でも有数の清潔で安全な都市の1つといわれる。

2004年から2012年にかけて、ルワンダ訪問者は約40倍に増加しています。

訪問の目的としては、ゴリラやサファリツアーなどが多いようですが、虐殺記念館目当てで訪れる観光客も増えています。
ゴリラ観光ツアーで虐殺記念館も訪問、ルワンダの試み

HISのスタディツアー

そのような背景からか、大手旅行会社HISもルワンダへのスタディツアーをはじめました

国際NGOワールド・ビジョン・ジャパンとの企画です。
HIS、大虐殺を乗越えたルワンダで平和を学ぶツアー発表、最貧困家庭の家づくりボランティアなど
2016年のツアーでは、平和再構築の現場の視察や子供との交流、ボランティア活動などをおこなったそうです。

日程は一週間で、旅行代金は38万4000円。

観光への高評価

ルワンダの観光地としての注目度はますます高まっています。

在ルワンダ日本大使館が毎月出している『ルワンダ月報』の2017年2月号には、評価の高まるルワンダ観光についての記述がありました。

・観光部門に対する高評価

世界 112 か国に読者を持つイギリスの旅行雑誌「Wanderlust」の読者が行った投票で, ルワンダは新しい旅行先(emerging tourist destination)の部門で1位となった。同誌 によれば読者の多くは,ルワンダが 1994 年のジェノサイド後に大きな復興及び躍進を遂げ, 観光地としての存在感を増したことを理由に挙げた。また,同誌はルワンダが 15 年ぶりに アカゲラ国立公園にライオンを受け入れ,今後サイも受け入れる計画があることを取り上 げ,「ビッグ5(ゾウ,サイ,ライオン,ヒョウ,バッファロー)が揃う国立公園」と賞賛 した。なお,米国の雑誌「American Luxury and Travel Magazine」でも,ルワンダは世界 で 14 番目に魅力的な観光地として評価されている。(4日)

引用元:ルワンダ月報(2017年2月), 在ルワンダ日本大使館

なんと、ルワンダが新しい旅行先部門で1位になったんだとか。すばらしい。

その投票をおこなったメディア「Wanderlust」のサイトを見てみると、”5 reasons to visit Rwanda, No 1 ‘Emerging Destination’ in the Wanderlust Reader Travel Awards“という記事が掲載されていました。

そこで挙げられている、ルワンダを訪れるべき5つの理由とは、

  1. 安全で、清潔で、友好的
  2. コーヒーが素晴らしい。食事も良し
  3. 野生動物が国立公園に戻ってきている
  4. ブームになりつつあるローカルアート
  5. 楽しく、気楽なナイトライフ

でした。

ビッグ5の見れるすごさ!

私のイチオシは3の野生動物です。

サファリでビッグ5が見れるって、かなりすごいことなんですよ!特にサイ!

私は以前タンザニアのセレンゲティ、ンゴロンゴロ、タランギレという3つのサファリに行って、ビッグ5を見ることができました。というか、見たということにしています

サファリ最終日、ゾウ、ライオン、ヒョウ、バッファローを制覇して、残すはサイだけとなりました。

ンゴロンゴロ国立公園をゲームドライブしていて、「あそこにサイがいるよ!」と教えてくれたガイドさん。
しかし、指が指す方向を見ても、言葉で説明されても、サイがどこにいるのかさっぱり分かりません。

ガイドさんが撮った写真をズームで見て、ようやくどれのことを言っているのか分かりました。

ガイドさんが言っていたサイがこちら。

遠っ。

ズームにするとこう。

(岩にしか見えない。)

こうしてなんとかビッグ5を見ることができたんですが、これがルワンダでも見れるとなったらえらいことです。

ビッグ5が見れる国は少ないですからね。

調べたところによると、ボツワナ、ザンビア、ウガンダ、ナミビア、エチオピア、南アフリカ、ケニア、タンザニア、ジンバブエ、コンゴ共和国、マラウイでしか見れないそうです(意外と多い)。(参考:Wikipedia

安全で清潔で、食事とコーヒーも美味しく、スタディツアーもできて、ローカルアートやナイトライフも充実していて、国立公園でビッグ5も見れるようになれば、これはもうルワンダに来るしかないですね!

それでは、ルワンダで会いましょう。

タケダノリヒロ(@NoReHero


ルワンダ情報専門サイト『ルワンダノオト』も運営中です↓

IMG_1045

The following two tabs change content below.
Norihiro Takeda

Norihiro Takeda

コミュニティ開発(Community Development Officer)青年海外協力隊(Japan Overseas Cooperation Volunteers)
2016年1月から2年間、青年海外協力隊としてルワンダで活動します。 前職は菓子メーカー営業。水問題を中心に、地域の人々の生活改善をお手伝い。 これからルワンダに来る方々の役に立つ、現地リポーターならではの生の情報をお届けします!