6520232249_1acf914bc7_b

みずほ情報総合研究所はトヨタ自動車と共同で、東アフリカに位置するルワンダ共和国にて農業ベンチャー「ブルーム・ヒルズ・ルワンダ(Bloom Hills Rwanda Ltd.)」を立ち上げました。現地農業ベンチャー「ブルーム・ヒルズ・ルワンダ」の会長にはケニア・ナッツ・カンパニーの佐藤芳之氏が、社長にはオーガニック・ソリューションズ・ルワンダの原田俊吾氏が就任しました。

みずほ情報総研は2012年よりサブサハラ・アフリカ地域における日本企業の進出機会に関する調査を開始しました。2013年からはトヨタ自動車と共同でルワンダを対象とした農業事業分野の基礎調査を始め、2015年より「みずほグローバルアグリイノベーション」を活用した花卉の栽培実証を実施し、事業立ち上げが実現しました。今後は「みずほグローバルアグリイノベーション」のプラットフォームを通じ、リンドウの商用生産を目指した取り組みを進めるほか、日本企業からの生薬、花卉、その他農産品の委託生産を実施する計画となっています。

本取り組みのスキーム

globalagri0209_01

※画像はプレスリリースより

経営陣にはケニアでナッツ会社を立ち上げるなどアフリカビジネスで著名な佐藤芳之会長や、ルワンダにおける豊富なビジネス経験を有する原田俊吾社長が就任しています。また、リンドウの育種事業に取り組む岩手県八幡平市、リンドウの育種技術の開発を行う岩手大学も参画しています。

みずほ情報総研は、今後もみずほグローバルアグリイノベーションを通じて、日本ブランドの農産物のグローバル展開に向け、日本企業の海外進出、ベンチャー企業育成の支援を実施していきます。また、トヨタ自動車では今後も、ブルーム・ヒルズ・ルワンダ社における事業への関与を通じた社会課題の解決に向けた取り組みを実施していきます。

引用元:プレスリリース(みずほ情報総研)


Photo credit: CIAT International Center for Tropical Agriculture via VisualHunt.com / CC BY-NC-SA(※写真はイメージです)

The following two tabs change content below.
Africa Quest.com
Africa Quest.comの編集事務局です。「アフリカに渡航する日本人を増やすこと」をビジョンに、アフリカをもっと身近にすべく、毎日旬なアフリカ情報(旅行、ビジネス、スポーツ、エンタメ)をお届けします!