障害って何?普通って何?

本日は西アフリカ、ガーナでリハビリテーションをしています柴田沙希が私の思う”理想の世界”についてお話したいと思います。

冒頭の問いかけは日々私の頭の中をぐるぐるしている言葉です。結論からいうと私の考える理想の世界は…”生きててよかった‼と思える世界”です。リハビリテーション分野で働いていて良く思うことは障害と正常ってそんなにはっきり境界線がないということ。知的な障害や身体的障害いろいろな種類があるけれど、誰にだって苦手なことってありますよね?

RIMG2269-e1457617497496
写真:患者さんとのひとコマ。彼らは障害を持っているけど底抜けに明るい。

私のいるガーナでは子供がめちゃくちゃ働かされ親は指示出しをして座っているだけという場面をよく見ます。健常者の大人でも仕事をしていない人もよく見かけます。

困っている人がいたら顔見知りか否かに関わらず寄って来て皆で助け合います。

そうここガーナでは自立する必要がないのです‼‼‼

※健常者・障害者ということに関わらず。

S__11116563-e1457617731954
写真:ドアが開かなくて困っていると子供がやって来て一生懸命押してくれています(笑)

健常や障害、個性、性格等…置かれている状況ははそれぞれだけれど全てひっくるめてそれぞれが輝けるフィールド◊∗を持っていたらいいなと思います。

苦手なことは誰にでもある。でも自分の出来ることが何かの役に立ったり、誰かに期待されたり、それがあるだけで人って前向きになれると思うんです。

私と関わった人を一人でも笑顔に出来たらな…そんな事を思う今日この頃です。今回は西アフリカ、ガーナから理学療法士の柴田がお伝えしました。


原文元:普通って何?障害って何?~理想の世界とは何か~WWJ Project

The following two tabs change content below.
W.W.J Project
W.W.J Projectの運営チームです。「日本人の活動領域を世界へ」をキーワードに20代で海外で活動する日本人がチームを組んで様々なプロジェクトを行っています。本サイト「W.W.J.world」では、ライターxライターの記事や、面白い海外求人情報なども発信していきます。