6月26日は、マダガスカルで57回目の独立記念日でした。

picture_pc_bf563c1f4007ebed62afc3668a11f6f7

1960年のアフリカの年(*1)に独立したマダガスカル。独立前の1947年には宗主国のフランス軍と独立を巡ってぶつかった歴史(*2)もあるものの、独立自体はスムーズに行われました。

(*1) この年に17カ国のアフリカの国々が独立を果たした。
(*2) 1947年3月29日に両国の衝突により多数の犠牲者が出ました。この日はCommémoration de la Rébellion de 1947(独立運動犠牲者慰霊祭)として、祝日となっています。

フランス大統領からのお祝いも

独立記念日に際して、マクロン大統領からもお祝いの言葉が寄せられています。

“フランスとマダガスカルの強い関係を嬉しく思っています。二つの国と二国の国民の友好は、古くそして強固なものです。フランスは、とりわけ支援を通じていつもマダガスカルに寄り添います。二つの国の結びつきが、インド洋の国々の発展を支え、海面上昇などの課題を一緒に解決することにつながるでしょう。(在マダガスカルフランス大使館HPより)※筆者による意訳”

独立記念日のお祭り

6月に入ると、各家庭では国旗が掲揚され、街中がマダガスカルカラーにあふれます。

また、今年2017年の独立記念日は月曜日。

ということで、土曜日からの3連休ではいたるところでお祭りが行われていました。

picture_pc_b68267638925a98e2b693e28ff2be36d

独立記念日定番の提灯。子どもも大人も、ろうそくを入れて、夜のお祭り会場に持ち歩きます。

picture_pc_f87ceb342d884da5056d2a810594f560

光るおもちゃを手にする子どもたちも。

picture_pc_c8a93d4c9e2972b736af7cce3767f8ae

前日夜は花火でお祝い。

日本と比べると質も量も劣りますが、すぐそばで打ち上げられる花火は迫力満点!

打ち上げスポットも手が届きそうなくらいの至近距離です。

picture_pc_b4f2bc7c6721d62a29579f1515ea2b3e

26日当日は、街中でパレードが行われます。

職場や学校、地域クラブなど様々な団体が駅前の独立大通り(*3)を歩きます。

(*)マダガスカルのどの街でも、すべての駅前が「独立大通り」という名前です。
最近は鉄道が使われていないため、駅は植民地時代の名残を感じる建物になっています。

picture_pc_224bf3f4ae51c468f9d82fd093e038e1

picture_pc_3672d8edaa9159684116a0e2c0e153f6

マダガスカル人としてのアイデンティティ

マダガスカルでは公式には18の民族(↓写真:18の民族が描かれている石碑)が認められていますが、現在のところは、目立った民族対立は見られません。

公的サービスの施設や公立学校には国旗が掲揚され、週に一度は国家斉唱も行います。

picture_pc_643f51f5bc29f42260275609697c0093

人々のアイデンティティも「xx民族」というより「マダガスカル人」として強く持っているように思います。

一方で、その上位の概念としては、「アフリカ」に属するのか、「インド洋」に属するのか、はたまた「フランス語圏国家」に属するのか。いずれの価値観とも微妙な温度差を感じながらも、生きているように感じます。

独立記念日は、国の繁栄を願うだけでなく、家族や友人と楽しみ祝う、マダガスカル人にとっては、1年の中でも特別な日でした。

マダガスカルの魅力満載!オススメ関連記事!


The following two tabs change content below.
Natsuko Seki

Natsuko Seki

1987年熊本県生まれ。総合商社勤務を経て2016年1月よりマダガスカルはアンチラベという街で青年海外協力隊として活動しています。ミッションは農村の生活改善と果物野菜加工を通じた現金収入向上。マダガスカルのことを日本にいる家族・友達に紹介する気持ちで書いています。